経済動向の今と将来を読み解くために40の経済指標を厳選し、それに該当する日本の経済指標とを合わせて解説。ハーバード大学の経済学サブテキストとして採用された実績を持ち、リーマンショック後に改訂した最新版。

アメリカ経済がわかる「経済指標」の読み方 原著第7版

定価:1,980円(税込)
発売日:2011年11月29日
ISBN:978-4-532-60516-2
並製/A5判/192ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

経済動向の今と将来を読み解くために40の経済指標を厳選し、それに該当する日本の経済指標とを合わせて解説。ハーバード大学の経済学サブテキストとして採用された実績を持ち、リーマンショック後に改訂した最新版。

著者・監修者プロフィール

ゲーリー・E・クレイトン(げいりー・E・くれいとん)

ノーザン・ケンタッキー大学経済・金融学部学部長、教授。ユタ大学にて経済学博士号を取得。ロシア諸民族友好大学より名誉博士号を贈られた唯一のアメリカ人。テレビやラジオへの出演機会も多く、南カリフォルニア大学で作られて米国公共ラジオ放送で流された「マーケットプレース」では、経済統計のゲスト解説者を2年間務めた。また、さまざまな著作や新聞社への寄稿に加え、ベストセラーとなった『アメリカの高校生が学ぶ経済学(原題 Economics:Principles and Practices,Glencoe Publishing)』(大和證券商品企画部訳、WAVE出版、2005年)をはじめとして、中高生から大学生向けの教科書を5冊刊行している。クレイトン教授のポータルサイト www.EconSources.com は、ボストン地区連銀発行の『Ledger』でもっとも有益なウェブサイトだと推奨されている。英国、オーストリア、オーストラリアでは、国際ビジネスおよび経済学を教えてきた。また、発展途上国の経済開発に関心を持ち、2006年にはウガンダでマイクロクレジットのプロジェクト支援に当たった。2000年、ペンシルバニア州バレー・フォージの自由基金は、クレイトン博士が民間企業教育で優れた成果を上げたものと認め、権威あるリービー賞を授与した。同年には、不動産事業許可法公認協会(ARELLO)の全米消費教育賞、全米経済教育協議会(NCEE)の全米教育賞を受賞している。さらに2005年、ノーザン・ケンタッキー大学からは、フランク・シントン・ミルバーン優秀教授賞が贈られた。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

マーティン・ゲルハルト・ギーゼブレヒト(まーてぃん・げるはると・ぎーぜぶれひと)

ノーザン・ケンタッキー大学経済学部名誉教授。スタンフォード大学、シカゴ大学、ハーバード大学、インディアナ大学、台湾国立政治大学、ラトガー大学、ウィルミントン・カレッジなどの各大学において研究と教職に従事。フルブライト留学生としてドイツのミュンヘン大学にて博士号取得。ギーゼブレヒト博士は一貫して、経済学を取り組みやすく、また知的好奇心を刺激し、楽しめるものとすることに努めてきた。その一環としてこれまでに、本書を含めて12冊の書籍を出してきたほか、エッセイを多数執筆し、ドイツ語や中国語に翻訳もされている。また、同様の主旨でシンシナティのFMラジオ局やノーザン・ケンタッキー大学の構内ラジオ局で毎週コメントを述べている。ギーゼブレヒト博士は文章でも講演でも、誰もがわかるように表現することを大切にしている。そして、その功績は各方面で認められ、ジャーナリスト協会の1993年「エクセレンス」大賞を受賞したほか、独米商工会議所、NASA、全米エンジニアリング教育協会、全米科学財団、ゼネラル。エレクトリック財団、フォード財団、米国中小企業局、全米人文科学基金からも表彰されている。ギーゼブレヒト博士は、学内の社交クラブ「未来のビジネスリーダー」会によって、ノーザン・ケンタッキー大学でナンバーワンの人気教授に選出されたことがあり、それを大変誇りに思っている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

フェン・グオ(ふぇん・ぐお)

ノーザン・ケンタッキー大学経済分析開発センターの主席研究員。前職はニューヨーク市のコンファレンスボードに4年間勤務したエコノミストで、中国における景気循環の指標開発と東アジア経済全体の経済予測が専門。中国の浙江樹人大学で経営学学士号、立正大学で経済学修士号、ニューヨーク市立グラデュエイト・センターで博士号をそれぞれ取得。フェン・グオ博士の研究は主な学術誌に掲載され、オーストラリア財務省、日本銀行、香港金融管理局など、多くの国際機関や各国の中央銀行で引き合いに出されたり検討されたりしてきた。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

山田 郁夫(やまだ いくお)

1950年愛知県生まれ。愛知県立大学外国語学部卒業。自動車部品メーカーの海外部門に約30年間勤務の後、出版翻訳ならびにビジネス関連の実務翻訳に携わる。 <主な訳書>『ASEANマーケティング』(マグロウヒル・エデュケーション)、『ビルダーバーグ倶楽部~世界を支配する陰のグローバル政府』(バジリコ)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

永濱 利廣(ながはま としひろ)

1971年栃木県生まれ。1995年早稲田大学理工学部卒業。第一生命保険(相)に入社。(社)日本経済研究センターを経て、現在、第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミスト。2005年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。2007年より総務省統計研修所講師、一橋大学商学部非常勤講師を務める。専門は経済統計、マクロ経済の実証分析。 <主な著書>『経済指標はこう読む』(平凡社新書)、『日本経済のほんとうの見方、考え方』(PHP研究所)、『高齢化社会のくらしと経済』(秀和システム)、『資産デフレで読み解く日本経済』(共著、日本経済新聞社)。新聞・雑誌などの経済コラムの執筆、コメンテーターとしてのテレビ出演でも活躍中。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading