業務スキルに直結する英語プレゼンの基礎を実戦的に解説!

DVD 成功する英語プレゼンテーション 全1巻

  • 管理職
  • ビジネスマナー・ビジネススキル
インサイトラーニング代表取締役 箱田忠昭 監修
価格:70,000円(税抜)
発売日:2003年09月24日
商品コード:48667
収録時間:約40分

※試写については、いったん「購入画面へ進む」ボタンを押していただいた上でお手続きください。

おすすめのポイント

■日常英会話レッスンでは決して身につかない、実戦的なスキルが習得できる研修教材です。

■第1巻は英語プレゼンテーションの構成の仕方と覚えておけばなんとかなる決まり文句を、第2巻は説得力を高める表現方法を解説します。

■日本語、英語を問わず、プレゼンテーション・スキル指導で定評のある監修者による、すぐに使えるノウハウが満載です。

ビジネスのグローバル化が進むなか、海外の取引先や現地スタッフに対し、英語プレゼンテーションを行う機会が増えてきました。
「外資系企業である」
「株主に外国資本が入っている」
「社内に外国人スタッフがいる」
「製造部門や販売拠点を海外に持っている」
「取引先に外国企業・外資系企業がある」
などの条件にあてはまる企業・従業員は、いずれ英語プレゼンを相手先から求められます。

しかし、ただでさえプレゼン下手の日本人が、苦手な英語でプレゼンする能力を身に付けるのは、一朝一夕ではなしえません。
本DVDは、日常英会話がギリギリというレベルの社員・スタッフが、なんとか英語プレゼンテーションをこなすためのポイントを実戦的に解説します。

社員の英語プレゼンテーション力強化はグローバル人材育成への第一歩です。この機会に英語プレゼンテーションを研修テーマに取り入れてみてはいかがでしょうか?

内容(Chapter)

  1. ※本DVDはVHS版刊行時の第1巻と第2巻の内容を収録しています。

    第1巻 何を伝えるか
    ■“What to say”と“How to say”
    ■ビジュアル化の方法
    ■Introduction(導入)の流れと決まり文句
    ■Main Body(本論)の流れと決まり文句
    ■Closing(結び)の流れと決まり文句

    第2巻 どのように伝えるか
    ■話し方・見せ方のポイント
    ■ビジュアルを使ったときの英語表現
    ■説得力を高める英語表現
    ■日本人が間違いやすい英語表現

監修者プロフィール

箱田 忠昭(はこだ ただあき)

1942年生まれ。慶應義塾大学、ミネソタ大学大学院修了。日本コカコーラ広報部マネジャー、イヴ・サンローラン日本支社長を経て、1983年インサイトラーニング株式会社を設立。現在:インサイトラーニング株式会社・代表取締役社長。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading