格差拡大、動揺する民主主義、新興国台頭……コロナ禍を経て世界の分断が進む今、私たちはどう歩むべきか。日経大型企画書籍化!

パクスなき世界
コロナ後の正義と自由とは

定価:1,870円(税込)
発売日:2021年08月13日
ISBN:978-4-532-35894-5
並製/四六判/352ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

中間層の没落、2028年米中GDP逆転、停滞する日本、広がる「K字の傷」……
激動と転換の時代、未来を考える視座をどこに置くべきか?

68人の知性と考える、25の世界の命題

2020年、新型コロナウイルスの危機が私たちに突きつけた現実は、平和と秩序の女神「パクス」のいない世界だった。
民主主義とグローバリズムの動揺、デジタルが生む分断、開く格差、若者たちの貧困化……社会のあらゆる矛盾があぶりだされ、世界の変化が加速している。
このような不連続の時代をどう生きるべきか ?68人の世界の知性とともに考える日本経済新聞の大型連載がついに書籍化。

目次

  1. 第1章 コロナが変えた世界 
    1.20世紀成長モデルの終焉/2.米中 2大国の対立/3.行き詰まる民主主義国家/4.国家や企業の存在意義とは/5.従来型の働き方の終わり/6.揺れる「都市」の価値

    第2章 自由のパラドックス
    1.民主主義の動揺/2.中間層の没落/3.視界不良の財政政策/4.国家のセーフティーネット/5.デジタルが生む分断

    第3章 大断層の先に目をこらす
    1.開く格差と富裕層の責務/2.規制すりぬけるデジタル寡占/3.若者たちの貧困化/4.体制間競争、再び/5.強まる知の保護主義

    第4章 いまは夜明け前
    1.ゆがむ資本主義/2.グローバリズムの動揺/3.膨張する債務と財政の不安/4.教育格差と固定されるヒエラルキー/5.企業の新たな倫理

    第5章 歴史を繰り返さぬために
    1.歴史のアナロジー/2.第4次産業革命のインパクト/3.SNSが揺るがす統治/4.日本の未来は第1章  コロナで消えた平和と秩序 

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞社(にほんけいざいしんぶんしゃ)

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading