限界まで突き進むか? それとも変貌・進化を遂げるか? ――資本主義に迫る危機と未来を展望する。

逆境の資本主義
格差、気候変動、そしてコロナ……

定価:1,870円(税込)
発売日:2021年06月21日
ISBN:978-4-532-35884-6
並製/四六判/280ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

世界はまた、新たな試練を乗り越えようとしている。

資本主義に起きている危機の実相を抉り、未来探求に挑む。
2020年1月から始まった日本経済新聞の連載を再構成した一冊。

格差、気候変動、そしてコロナ……。行き過ぎた競争や利益の寡占化が様々な問題を生み、資本主義が逆境に陥っている。

何が資本主義に起こっているのか――。
レイ・ダリオ、ニーアル・ファーガソン、野口悠紀雄、岩井克人など、「世界の知性」総勢34名にインタビューを実施。さらに、危機を乗り越えようとする多くの動きや、生活に苦しむ市井の人びとへの取材を通じて、世界中で起きている問題の本質を明らかにし、これから進むべき道を展望する。

資本主義や経済学の歴史がイラストで学べる特集も掲載。

目次

  1. 逆境の資本主義
    ●CHAPTER1 さびつく成長の公式
    さびつく成長の公式
    [豆知識] 資本主義とは
    レイ・ダリオ氏
    野口悠紀雄氏
    ニーアル・ファーガソン氏

    デジタル化が生む「新独占」
    大橋弘氏
    池田毅氏

    マネー逆流 失われる市場機能
    河野龍太郎氏

    揺らぐ企業のROE神話
    [豆知識] ROEとは
    ディアナ・ブラッター氏

    アラン・グリーンスパン氏

    LESSON 資本主義とは

    ●CHAPTER2 変質する暮らし
    働き方縛る もの作りの残像
    クリスティーナ・アメージャン氏
    大内伸哉氏
    松原隆一郎氏

    縮む消費、ミニマリスト台頭
    田坂広志氏
    渡辺靖氏

    LESSON 資本主義の歴史

    ●CHAPTER3 自由・民主主義に試練
    自由より国家、走る中国
    グレアム・アリソン氏
    浅川雅嗣氏
    岩井克人氏

    よみがえる保護主義の亡霊
    アダム・ポーゼン氏

    民主主義 共振するきしみ
    佐伯啓思氏
    アルン・スンドララジャン氏

    ラリー・フィンク氏

    コロナと資本主義
    ●CHAPTER4 パンデミック襲来
    想定外 備えはあるか
    ウィリアム・ラゾニック氏

    マネー暴走 未曽有の乱高下
    宮内義彦氏

    短期志向の罠をこえて
    宮川努氏

    ステークホルダーと歩む
    小林喜光氏
    マーティン・リプトン氏

    LESSON 資本主義が現在抱える問題

    ●CHAPTER5 再生への道
    「黒い象」向き合う株主
    [豆知識] 黒い象とは
    山形辰史氏
    伊藤隆敏氏

    グローバル化が生んだワクチン
    パラグ・カンナ氏

    大きな政府より賢い政府
    福田慎一氏

    所得保障は最適解か
    イアン・ゴールディン氏
    小峰隆夫氏

    新しい社会契約 描くとき
    マット・オヘア氏
    クラウス・シュワブ氏

    ブライアン・モイニハン氏

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞社(にほんけいざいしんぶんしゃ)

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading