メカニズムデザインを実務に活かし、社会に貢献する。そんな思いで、このワークショップは始まった。熱狂の講義をライブ感そのままに伝える。

メカニズムデザインで勝つ
ミクロ経済学のビジネス活用

定価:本体1,600円+税
発売日:2020年08月12日
ISBN:978-4-532-35860-0
並製/四六判/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

メカニズムデザインは、オークションやマッチング理論などを含む、経済学での比較的新しいジャンル。応用例は幅広く、世界を見渡せば、不動産や学校選択など、社会での問題解決やビジネス実務に大きな貢献が期待される分野である。
本企画は、こういった経済学の知見を、日本でも実務に活かそうと立ち上がったワークショップのアウトプット(書籍化)である。元官僚や、IT関係者、金融マンなど総勢40名ほどで月1回程度で行われている。
進行は、この分野の第一人者とされ、関連の書籍が数多くある坂井豊貴慶應義塾大学教授が行い、実務での活用例は「オークションで不動産をデザインする」をモットーにする(株)デューデリ&ディールの事例などが紹介される。その間も「オークション参加者がフェイクの数字を申告していたら」「?その事例には汎用性があるのか」?など、細かいツッコミ質問が入り、参加者(読者)の理解を助ける。

目次

  1. 第1章 オークション理論をビジネスへ

    第2章 発行コインのオークション――仮想通貨やトークンを売るには

    第3章 コインを売るならば ――マンション販売にも適用できないか

    第4章 組み合わせて売る

    第5章 マッチング――部屋、臓器、専門家

    第6章 多数決を脱して、まともな投票を――ALISでの実用・設定編

    第7章 投票結果の分析 ――ALISでの実用・結果編

    第8章 コロナショックの後始末

    読書案内

著者・監修者プロフィール

坂井 豊貴(さかい とよたか)

慶應義塾大学経済学部教授、(株)デューデリ&ディール・不動産オークション技術顧問
1975年生まれ。早稲田大学商学部卒、神戸大学大学院修士課程修了。ロチェスター大学Ph.D(経済学)。横浜市立大学、横浜国立大学、慶應義塾大学准教授を経て、2014年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

オークション・ラボ(おーくしょん・らぼ)

オークションに携わる(株)デューデリ&ディールと坂井豊貴・慶大教授が主宰。オークションの活用を試みるビジネスパーソンと研究者の交流の場。オンラインでの発信に加え、オフラインでは月例ワークショップを開催。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading