貧しい国を成長に向かわせるための最適な戦略とは? 理論と現場を熟知した経済学者が高評価の開発経済学の入門テキストを全面改訂。

なぜ貧しい国はなくならないのか(第2版)

定価:本体3,000円+税
発売日:2020年03月17日
ISBN:978-4-532-35848-8
上製/四六判/288ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

●開発経済学のベストテキストを全面改訂
今年のノーベル経済学賞は、行動経済学を経済開発に応用した研究でした。残された国々の浮上はなぜ困難なのか。それは誤った戦略がとられているからです。適切な政策さえとれば、貧困国も浮上可能なのです。貧しい国から貧困をなくしていく戦略的学問、それが本来の開発経済学の目的。本書は、経済学は知らないけれども貧しい国を浮上させる術について知りたい人びとのための書です。

筆者は農業と製造業の双方について、アジアとアフリカで現地調査型の研究を重ねてきました。また、世界銀行に出向した時期は、開発戦略という視点から各国への資金援助を詳細に分析しました。筆者が研究対象としたのは、中国、台湾、ベトナム、フィリピン、タイ、インドネシア、インド、ネパール、スリランカ、ガーナ、エチオピア、ケニア、ウガンダ、マラウィ。また、農業や産業の発展ばかりでなく、環境問題、国家の役割、ジェンダーについても関心を払ってきました。カバーする地域も分野も内外の研究者でこのレベルに達している開発経済学者はほとんどいません。

本書は、2015年に刊行された『なぜ貧しい国はなくならないのか』を最新のデータに基づいて全面改訂したものです。前作は教科書で記述されている理論を自ら検証した上での入門書であり、強い説得力が高く評価されました。その意味で、本書は定説をまんべんなく解説した通常の教科書や入門書とは異なります。

筆者は、日経・経済図書文化賞を2度受賞し、シカゴ大学でシュルツ(唯一のノーベル経済学賞受賞農業経済学者)、フリードマンから直接教えを受けた世界的な開発経済学者。2018年には学士院会員となり内外から高く評価されています。

目次

  1.  第Ⅰ部 何が問題なのか?
    第1章 開発経済学とは何か?

    第2章 貧困は減っているか?

    第3章 なぜ貧困を撲滅できないのか?

     第Ⅱ部 何が起こっているのか?
    第4章 飢餓は是が非でも避けたい

    第5章 東アジアから何を学ぶか?

     第Ⅲ部 してはいけないこと、しなくてはいけないこと
    第6章 途上国がしてはいけないこと

    第7章 途上国が「豊か」になるためにすべきこと

    第8章 世界がもっと真剣に取り組むべきこと

著者・監修者プロフィール

大塚 啓二郎(おおつか けいじろう)

神戸大学大学院経済学研究科特命教授、専門は開発経済学
1948年生まれ。71年北海道大学農学部農業経済学科卒業、74年東京都立大学大学院修士課程修了、79年シカゴ大学大学院博士課程修了、同年エール大学経済成長研究所ポストドクトラルフェロー、80年東京都立大学経済学部講師、91年同教授、2001年政策研究大学院大学教授、2016年から現職。この間、国際農業経済学会会長、世界銀行主任研究員を歴任。2010年紫綬褒章受章。2018年学士院会員。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading