日本では衰退産業と思われている水産業は、他国では有望な成長産業であるところが多い。豊富な資源と絶好の漁場を持つわが国水産業の復興と再活性化への戦略を、水産業界を知り尽くした専門家がやさしく解説する。

日本の水産業は復活できる!
水産資源争奪戦をどう闘うか

片野歩
定価:本体1,600円+税
発売日:2012年05月25日
ISBN:978-4-532-35517-3
並製/四六判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

日本では衰退産業と思われている水産業は、他国では有望な成長産業であるところが多い。豊富な資源と絶好の漁場を持つわが国水産業の復興と再活性化への戦略を、水産業界を知り尽くした専門家がやさしく解説する。

企業サイドからの視点ではなく、日本の漁業・水産業復興という視点からニュートラルに書き下ろす、ユニークな水産業入門書です。

目次

  1. まえがき
    第1章 いま日本の水産業はどうなっているのか
    第2章 成長産業に復活するための三つのポイント
    第3章 世界の潮流と再び肩を並べるために
    あとがき
    参考文献

著者・監修者プロフィール

片野 歩(かたの あゆむ)

1963年生まれ。1987年早稲田大学商学部卒業、大洋漁業(現マルハニチロ水産)入社。ノルウェーをはじめとする北欧各国の現場と市場を1990年以降20年以上にわたり毎年訪れ、多くの買付交渉に携わる。1995~2000年ロンドン駐在。現在、マルハニチロ水産・水産第二部副部長兼凍魚課課長。 <主な業績>「ノルウェーの水産資源管理改革」(八田・高田『日本の農林水産業』[日本経済新聞出版社]所収)、2010年。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading