市場は本当に効率的なのか。インデックスファンドや分散投資を勧める現代ポートフォリオ理論は大丈夫なのか。巨大バブルを丹念に検証し、投資界の知的攻防を軽妙に紹介したベスト&ロングセラーの最新版。

ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第10版
株式投資の不滅の真理

定価:本体2,300円+税
発売日:2011年06月21日
ISBN:978-4-532-35471-8
上製/四六判/484ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

市場は本当に効率的なのか。インデックスファンドや分散投資を勧める現代ポートフォリオ理論は大丈夫なのか。巨大バブルを丹念に検証し、投資界の知的攻防を軽妙に紹介したベスト&ロングセラーの最新版。

世界で一番読まれている「投資の名著」改訂版。

目次

  1. 第10版へのまえがき
    第1部 株式と価値
     第1章 株式投資の二大流派
     第2章 市場の狂気
     第3章 株価はこうして作られる
     第4章 21世紀は巨大なバブルで始まった
    第2部 プロの投資家の成績表
     第5章 株価分析の二つの手法
     第6章 テクニカル戦略は儲かるか
     第7章 ファンダメンタル主義者のお手並み拝見
    第3部 新しい投資テクノロジー
     第8章 新しいジョギング・シューズ--現代ポートフォリオ理論
     第9章 リスクをとってリターンを高める
     第10章 行動ファイナンス学派のための新たな挑戦
     第11章 効率的市場理論に対する攻撃はなぜ的外れなのか
    第4部 ウォール街の歩き方の手引
     第12章 インフレと金融資産のリターン
     第13章 投資家のライフサイクルと投資戦略
     第14章 ウォール街に打ち勝つための三つのアプローチ
    訳者あとがきにかえて

著者・監修者プロフィール

バートン・マルキール(ばーとん・まるきーる)

プリンストン大学教授
1932年生まれ。プリンストン大学経済学博士(PhD)。同大学経済学部長(1974-75、77-81)、大統領経済諮問委員会委員(75-77)、エール大学ビジネススクール学部長(81-88)、アメリカン証券取引所理事などを歴任。世界的な投信会社バンガードの社外取締役としても活躍。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

井手 正介(いで まさすけ)

翻訳家
1942年生まれ。一橋大学商学部卒。ペンシルベニア大学ウォートン・スク-ル経営学修士(MBA)。米国公認証券アナリスト(CFA)。野村総合研究所、野村マネジメント・スクール研究理事、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授などを歴任。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading