アメリカ発の金融危機が世界を不況と混乱に陥れている! 世界同時危機はますます深刻になっている。当初の見込みとは違い、なぜ日本経済が最大級の痛手を受けているのだろうか。

世界経済同時危機
グローバル不況の実態と行方

定価:1,870円(税込)
発売日:2009年02月26日
ISBN:978-4-532-35347-6
上製/四六判/232ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

アメリカ発の金融危機が世界を不況と混乱に陥れている! 世界同時危機はますます深刻になっている。当初の見込みとは違い、なぜ日本経済が最大級の痛手を受けているのだろうか。

金融危機後の世界を、大和総研チーフエコノミスト率いるチームが分析。

目次

  1. プロローグ

    第1章 世界金融危機はなぜ起こったのか
    第2章 これまでの金融危機の教訓
    第3章 アメリカ復活の経路
    第4章 超大国になれないヨーロッパ
    第5章 中国の内需転換は可能か
    第6章 新興国頼みの危うさ
    第7章 なぜ日本への影響は大きいのか

    あとがき

著者・監修者プロフィール

原田 泰(はらだ ゆたか)

日本銀行政策委員会審議委員。1950年生まれ。東京大学卒業。経済企画庁海外調査課長、財務省財務総合政策研究所次長、大和総研専務理事、東京財団上席研究員などを歴任。経済学博士(学習院大学)。著書に『日本国の原則』(2007年石橋湛山賞)、『昭和恐慌の研究」(共著、04年日経経済図書文化賞)、『日本を救ったリフレ派経済学』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

大和総研(だいわそうけん)

経済、金融・資本市場、企業に関するリサーチ機能、幅広い業態に向けたシステムインテグレーション機能、経営戦略や年金分野におけるコンサルティング機能を有する総合シンクタンク。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading