知名度向上、信用力アップ株式上場には多くのメリットがあるが、内部管理体制の充実や株主対策などなすべき対応も煩雑だ。具体的に何をどうすべきか、企業側の視点から100のポイントをコンパクトに図解する。

経営者のための株式上場100のポイント

出口和雄 編著/ASG監査法人 監修
定価:本体1,800円+税
発売日:2004年02月19日
ISBN:978-4-532-35082-6
並製/A5判/247ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

知名度向上、信用力アップ株式上場には多くのメリットがあるが、内部管理体制の充実や株主対策などなすべき対応も煩雑だ。具体的に何をどうすべきか、企業側の視点から100のポイントをコンパクトに図解する。

目次

  1. 第1章 富の創造
    1 莫大な創業者利得/2 起業家支援/3 ボランティア活動  他

    第2章 上場の決断
    5 上場できる会社規模/6 上場のメリット/7 上場のデメリット  他

    第3章 基本事項
    9 上場市場の選択/10 東京証券取引所への上場/11 その他証券取引所への上場  他

    第4章 サポート体制
    18 監査法人との契約/19 税務顧問との業務分担/20 幹事証券会社の指名  他

    第5章 資本政策
    23 資本政策の重要性と作り方/24 上場前の増資等と規制/25 上場前の株式等移動と規制  他

    第6章 役員
    38 取締役の構成/39 監査役の人選/40 執行役員制度の取扱い  他

    第7章 関係会社
    42 関係会社の問題点/43 関係会社との資本関係/44 関係会社との人的関係  他

    第8章 組織
    49 組織上の問題点/50 内部牽制制度の運営/51 内部監査制度の導入  他

    第9章 内部管理
    53 取締役会議事録の整備/54 株主総会議事録の整備/55 社内規程の作り方  他

    第10章 計数管理
    61 事業計画の策定/62 単年度予算の編成/63 月次決算体制の確立  他

    第11章 決算
    66 決算期の検討/67 四半期決算制度の導入/68 キャッシュ・フロー計算書の導入  他

    第12章 会計処理
    71 会計方針の見直し/72 会計ビッグバンへの対応/73 大会社へ移行の影響

    第13章 株式事務
    74 株式事務代行機関の設置/75 株券の管理/76 上場時の定款変更

    第14章 上場申請
    77 有価証券報告書の作成/78 証券取引所上場申請書類/79 マザーズ上場申請書類  他

    第15章 上場審査
    82 上場審査の要点/83 証券取引所上場の審査/84 マザーズ上場の審査  他

    第16章 上場時
    88 公開価格の決定方法/89 初値の決定方法/90 キャピタルゲインと税金  他

    第17章 上場後実務
    93 提出義務のある法定書類/94 タイムリーなディスクロージャー/95 インサイダー取引規制  他

著者・監修者プロフィール

出口 和雄(でぐち かずお)

1942年2月11日愛知県生まれ。1960年名古屋西高等学校卒業。同年日興證券(株)入社。本社スタッフを歴任し、1987年法人企画部部長。1995年(株)リモテックスに転じ、常務取締役就任。2000年(株)グリーンデスクを設立し、株式上場アドバイザーとして独立、代表取締役。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

ASG監査法人(えーえすじーかんさほうじん)

1985年元監査法人設立。1991年アクタス監査法人設立。1994年グラント・ソントン加盟。1999年合併により、アクタス元監査法人となる。2002年ASG監査法人に社名変更。株式公開監査を手掛ける専門チームが顧客企業のさらなる成長をサポートしている。ASGマネジメント(株)、ASGアドバイザーズ(株)、ASG税理士法人を加えたASGグループ4社は、世界6大会計事務所の1つ Grant Thorntonの日本メンバーとして、監査業務・会計業務・国内外税務・経営および財務コンサルティング業務で相互に補完し、クライアントに世界水準のソリューションを提供している。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading