重大事故や信用失墜はミスから生まれる。シリーズ累計40万部『教える技術』著者が、職場からミスを無くす仕組み作りを事例と共に解説

無くならないミスの無くし方
成果を上げる行動変容

石田淳
定価:1,650円(税込)
発売日:2021年12月15日
ISBN:978-4-532-32443-8
並製/四六判/184ページ
予約注文する

おすすめのポイント

シリーズ累計40万部超のロングセラー『教える技術』の著者で、
行動科学マネジメントの第一人者が、
職場からミスを無くす科学的方法論を豊富な事例と共に解説。

部下の“不始末"に日々アタマの痛い全リーダーの必読書。
もちろん「自分のミス」を無くしたい人にもおすすめ!


重大事故や企業の信用失墜を招くきっかけは、
働く人のほんの小さなミス。

それに対して、

「一人ひとりが『自覚』を持って行動すればミスは無くなる」
「『安全意識』が希薄だから事故が起こる」
「ウチの会社は『優秀』な人間が少ないからミスが多発する」
「再発防止のために『始末書』と『改善策』を義務付けた」

……というマネジメントの通念は、実はすべて間違い!

意識の徹底や自助努力では「ミス」は無くならない。
「人間の行動原理」にそった「仕組みづくり」こそ重要です。

ミスが生まれる背景から、何をやってもミスが無くならない理由、
「特定と継続」でミスを無くす仕組みの構築まで、
誰もが身近な事例を用いて丁寧に説明。
巻末には今日から使える「ミスを無くすヒント集」を掲載。

経営層、管理職、プロジェクトマネジャー、
製造現場・店舗責任者の皆さん、
あなたのための一冊です!

目次

  1. [理論編]
    序章:ミスは「意識の徹底」では無くならない
    第1章:なぜ「ミス」が生まれるのか~7つの背景
    第2章:上司の思い込みマネジメントが招くミス~7つの間違い
    [実践編]
    第3章:ミスを無くす仕組みづくりの前提~6つの行動メカニズム
    第4章:ミスを無くす仕組みづくりの実践~5つのステップ
    [事例編]
    第5章:ミスを無くすヒント集~10のケース

著者・監修者プロフィール

石田 淳(いしだ じゅん)

社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼CEO。
米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を、日本人に適したものに独自の手法でアレンジして「行動科学マネジメント」として確立。行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法は、グローバル時代に必須の危機管理やコンプライアンスにも有効なものとして経営者やリーダー層から絶大な支持を集める。これまでに指導した企業は1000社以上、ビジネスパーソンはのべ3万人以上。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading