「脱炭素社会」「グリーン成長」へと舵を切る世界経済。ビジネスからファイナンスまで、来たるべき「新しい日常」を展望する。

カーボンニュートラル
もうひとつの”新しい日常”への挑戦

巽直樹
定価:2,200円(税込)
発売日:2021年10月19日
ISBN:978-4-532-32436-0
並製/四六版/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

気候問題への対応が“経済”の主導権を左右する!
技術・企業から政治力学まで、何がどう変わるのか?
正しく理解するための最先端の状況を整理・解説する。

 「2050年までにカーボンニュートラルの実現を目指す」ことを宣言した日本。カーボンニュートラルが国際的に注目されるのは、地球温暖化への対応が喫緊の課題であることに加え、その実現への挑戦が、社会経済を大きく変革し、投資を促し、生産性を向上させ、産業構造の大転換と力強い成長を生み出すチャンスにつながると期待されるからだ。いまや120以上の国と地域が「カーボンニュートラル」を目標に動き始め、国際的な潮流が加速している。しかし現実には、技術面はもとより、国益をめぐる国家間の政治的問題、社会の変革など、決して明るい未来を展望できる状況にないことも事実。
 本書は、カーボンニュートラルという、もうひとつのそして最も注目すべき「新しい日常」の全体像をザックリと把握し、現在何が起こっているのか、課題は何か、2050年に向けて今後どのようなことが起こり得るのか、ビジネスにはどのような影響があるのかを、これまでの脱炭素政策の動向も踏まえ理解できるようにすることを目指すもの。
 著者は、海外での再エネ発電投資・事業運営、排出権取引などに関わる経産省、環境省のFSに多数関与するほか、国内企業向けに関連のコンサルティングサービスを提供している。

目次

  1. 第1章 カーボンニュートラルとは何か
    第2章 日本におけるカーボンニュートラルの論点  
    第3章 2030年の現実解と2050年への展望  
    第4章 脱炭素経営
    第5章 テクノロジーによるイノベーション 
    第6章 投資とファイナンスの進化

著者・監修者プロフィール

巽 直樹(たつみ なおき)

KPMGコンサルティング プリンシパル。国際公共経済学会理事(19年~)、北海道経済連合会「Society5.0」ワーキンググループ委員(20年~)。
1989年中央大学法学部卒、東洋信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入社。東北電力、新日本監査法人などを経て、2016年、KPMGコンサルティング入社、19年より現職。学習院大学経済学部特別客員教授(05~07年)。東北大学大学院経済学研究科博士課程修了、博士(経営学)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading