稲盛和夫、永守重信――。人間味と論理を兼ね備えた二大経営者の強さの秘密を徹底解明し、両者の共通点を明らかにし学ぶべき点を示す。

稲盛と永守 京都発カリスマ経営の本質

定価:1,760円(税込)
発売日:2021年08月24日
ISBN:978-4-532-32421-6
並製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

京セラ、日本電産、ローム、村田製作所、オムロン、堀場製作所――。なぜこれらの京都企業はユニークな発想で経営を推し進めているのか? 本書は、小企業を世界に冠たる大企業に育てたカリスマ経営者である稲盛和夫、永守重信を比較し、両者の強み、共通点、限界を明らかにするかつてない比較経営者論。
第I部では、リーダーとしての人間的魅力とその背景を取り上げる。第II部では両者のビジネスモデルを解明し、共通点と強みを明らかにする。終章では両者の夢と限界について述べる。
二人とも、グローバルに活躍していること、B2B企業として世界トップシェア事業を数多くもっていること、未来創造に向けて自社にとどまらず幅広く種まきをしてきたことなど、数々の共通点がある。二人とも、独自の経営哲学と経営手法を確立している点でも共通している。稲盛の場合は「フィロソフィ」と「アメーバ経営」。永守の場合は「3大精神」と「3大経営手法」。ただ、それらの中身をよく知れば知るほど、両者の経営モデルの本質がぴたりと重なり合うことに驚かされる。そこで本書では、両者の経営モデルを「盛守経営」と呼ぶことにする。盛守経営には、以下の3つの共通点がある。
(1)「志」から出発していること。(2)30年先、50年先といった長期目標を立てるとともに、短期的に結果を出すことにこだわり続けること。(3)人の心に火をつけること。
盛守経営は、コロナ後の新たな世界を拓く経営でもある。

目次

  1.  第Ⅰ部 二人のリーダー
    第1章 リーダーの条件

    第2章 リーダーの軌跡

    第3章 リーダーの素顔

     第Ⅱ部 「盛守」経営の解明
    第4章 アメーバ経営の本質

    第5章 永守戦略の神髄
      
    第6章 「盛守」モデルの共通点

    第7章 大義と大志--Mindfulness

    第8章 経営の押さええどころ--Objective-driven, Results-oriented

    第9章 魂を揺さぶる--Inspire!

    終 章 「盛守」経営の未来

著者・監修者プロフィール

名和 高司(なわ たかし)

一橋大学ビジネス・スクール(国際企業戦略科)客員教授
東京大学法学部卒、ハーバード・ビジネス・スクール修士(ベーカースカラー授与)。三菱商事の機械(東京、ニューヨーク)に約10年間勤務。マッキンゼーのディレクターとして、約20年間、コンサルティングに従事。自動車・製造業分野におけるアジア地域ヘッド、ハイテク・通信分野における日本支社ヘッドを歴任。2010年一橋大学ビジネス・スクール(国際企業戦略科)教授、20年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading