あなたの会社は社会から愛されているか? お客様・従業員・投資家が思わず「いいね!」と言ってしまう新しいブランド戦略の実際。

なぜか「惹かれる企業」の7つのポジション
変化の時代を生き残る「ソーシャル・ポジショニング」

菅順史
定価:1,760円(税込)
発売日:2021年12月27日
ISBN:978-4-532-32409-4
並製/四六判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

SDGs社会、パーパス経営、ESGマーケティング……
豊富な事例で紐解く、新しい時代の成長のヒント!


いま、商品やサービスの選ばれ方が変わっている。
いま、就職先として選ばれる基準が変わっている。
いま、投資家から注目される企業が変わっている。

SDGsやパーパス、ESGといった言葉が浸透し、企業を取り巻く環境が急激に変化していることを多くの人が実感しているはずだ。

「社会をよりよくする」ための活動を通じて、社会から支持されることが、これからの時代に企業が生き残るうえで重要になっている。

この変化に、従来のマーケティングは対応できているのだろうか?
いま重要性を増している「社会」という視点が、マーケティングの定石である「3C」や「4P」といったフレームには抜けているのが実態だ。

このことにいち早く気づき、「社会」という視点をマーケティングに取り入れている企業が、いま世の中からの賛同を得ている。

そんな時代に有効なアプローチとして、本書は「ソーシャル・ポジショニング」という新しいマーケティングのメソッドを提案する。
「ソーシャル・ポジショニング」は、国内外の豊富な成功事例をもとに、著者が社会から支持されている企業のアプローチを分析し体系化し、有名企業でも実践しているメソッドだ。

市場の中で競合商品との比較において差別化する従来型の「マーケット・ポジショニング」に対して、社会の中でその企業が果たすべき役割を見つけて必要とされる居場所をつくるのが「ソーシャル・ポジショニング」。

これまでは市場の中でポジションのない商品は生き残れなかった。
同様に、これからはいかにして社会の中にポジションをとれるかが重要なカギになる。

本書を通じて手に入れた“社会と向き合う"技術を「武器」に企業が成長し、同時に社会もよりよく変わっていく。
これは、まったく新しいマーケティングの実践手法を解説する一冊である。

目次

  1. はじめに 社会の中に居場所はあるか?

    第1章 社会の中に居場所をつくる「ソーシャル・ポジショニング」
     1 企業の舞台は、「市場」から「社会」へ
     2 分析の視点は「3C」から「3S」へ
     3 「市場」ではなく「社会」の中でポジションをとる

    第2章 社会から応援される企業の「7つのポジション」
     1 応援される企業の法則
     2 「7つのポジション」で役割を見極める

    第3章 「ソーシャル・ポジショニング」を実践する4ステップ
     1 「ソーシャル・ポジショニング」の実践
     2 ステップ1 「3S分析」
     3 ステップ2 「7つのポジション」の選定
     4 ステップ3 「USV」の言語化
     5 ステップ4 「企業アクション」の実行

    第4章 「社会発想」を身につける5つのキーワード
     1 エジソンに学ぶ「社会発想」
     2 5つのキーワードで学ぶ「社会発想」

    第5章 「推し」を社会変革エネルギーへ
     1 態度なくして、信頼なし
     2 社会を味方に、社会を変える

    あとがきに代えて 「8つ目のポジション」をつくる

著者・監修者プロフィール

菅 順史(かん のぶひと)

株式会社博報堂 戦略CD/PRディレクター
1987年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、2010年、株式会社博報堂に入社。「社会発想」を武器にクライアントのコーポレート・コミュニケーションを支援するPR戦略局を経て、2013年に「生活者発想」を掲げる博報堂のフラッグシップシンクタンク・博報堂生活総合研究所へ異動。エスノグラフィーや未来研究に従事。その後、クリエイティブの部門に異動し、現在は生活者エクスペリエンスクリエイティブ局で戦略CD兼PRディレクターとしてコミュニケーション戦略の立案から実施までを統括するほか、新規事業開発などにも携わっている。これまでにACC TOKYO CREATIVITY AWARDSやPRアワードグランプリ、グッドデザイン賞などを受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading