スマホ以来の革命と言われるボイステック。なぜ、GAFAを中心に世界が注目するのか。ボイステックで変わる未来を徹底解説!

ボイステック革命
GAFAも狙う新市場争奪戦

定価:1,980円(税込)
発売日:2021年06月22日
ISBN:978-4-532-32407-0
並製/A5判変形/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

スマホの次にくるのは「ボイステック革命」だ!

◆リモートワークによるオンライン会議、今年1月にはツイッターの音声版とも言われる次世代SNS「クラブハウス」の流行により、ボイスでのコミュニケーションに注目が集まっている。また、2019年にはスウェーデンの音楽ストリーミングサービスSpotifyによるポッドキャスト関連企業の米Gimlet Mediaと米Anchor買収。今年にはいってからは米Twitterが、同じくソーシャルポッドキャストサービスを手掛ける米Breakerを買収など、音声関係のM&Aが話題だ。本書では、なぜこれだけ「音声」に世界の先端企業が注目しているのかを、事例をもとに解説する。

◆メディアからブログに。テレビからユーチューブ……とインターネットやサービスの普及に伴い産業構造は変化してきた。音声は、ラジオやポッドキャストはあったものの、個人が発信するサービスとしてはハードルが高く、充分ではなかった。しかし、近年若年層を中心に変化がみられている。また、音声での勧誘のほうが消費者がサービスを購入しやすい傾向を示すデータが出る、発信者の感情解析と聴き手の離脱率など、今後の消費や発信のあり方を変える可能性がある要素が含まれている。こうしたことで、「認証」や「入力ツール」として、ITを超え介護や教育なども含めた広い領域に音声が大きな革命を起こすと著者は指摘している。

◆著者は音声メディアVoicy(ボイシー)代表。ボイシーは、「ボイスメディアVoicy」と「次世代音声インフラ」を運営する音声のリーディングスタートアップだ。

目次

  1. はじめに

    第1章 なぜGAFAはボイステックに注目するのか

    第2章 「本物」しか残らない

    第3章 ボイステックで未来はどう変わるのか

    第4章 革命レベルの変革が起きている

    おわりに

著者・監修者プロフィール

緒方 憲太郎(おがた けんたろう)

Voicyの代表取締役CEO
連続起業家・投資家・公認会計士・ビジネスデザイナー。大阪大学基礎工学部卒業後、大阪大学経済学部卒業。同年公認会計士合格。2006年新日本監査法人、Ernst&Young NewYork、トーマツベンチャーサポート、にて複数企業を支援。15年医療ゲノム検査事業のテーラーメッド株式会社を創業、3年後業界最大手上場企業に事業売却。16年株式会社Voicy創業。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading