『ざっくり分かるファイナンス』の著者による人気セミナー、書籍化!!実況中継での分かりやすい解説で、今度こそファイナンスがわかる!

実況!ビジネス力養成講義 ファイナンス

定価:1,980円(税込)
発売日:2021年02月17日
ISBN:978-4-532-32379-0
並製/A5判/286ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

名著『道具としてのファイナンス』『ざっくり分かるファイナンス』の石野雄一氏による人気セミナーが、書籍となって登場! ! 講義調のわかりやすい解説で、難しいファイナンスがすっきりわかる。

【著者からのメッセージ】
この本は私の1日のファイナンス講義をできるだけ忠実に再現し、さらに肉づけしたものです。
この講義は、専門家ではない普通のビジネスパーソンに向けたもので、最低限これだけは知っておいていただきたい点に絞っています。数式はできるだけなくし、ファイナンスの考え方をご理解いただけることに主眼をおきました。
この本の内容をマスターすれば、ビジネスの世界では生きていけるでしょう

目次

  1. Lesson1:ファイナンスと会計の違いをおさえる
    ——PL経営からBS経営の時代へ

    Lesson2:企業の運用利回りを理解する
    —— 投下資本利益率と資本コスト

    Lesson3:投資の意味を理解する
    ——NPVとIRRによる投資判断

    Lesson4:フリーキャッシュフローをマスターする
    ——フリーキャッシュフローとは何か

    Lesson5:企業価値評価方法を理解する
    ——企業価値向上のメカニズム

著者・監修者プロフィール

石野 雄一(いしの ゆういち)

1991年上智大学理工学部卒業後、旧三菱銀行に入行。9年間勤務した後に退職後、米国インディアナ大学ケリースクール・オブ・ビジネス(MBA課程)修了。帰国後、日産自動車株式会社に入社。財務部にてキャッシュマネジメント、リスクマネジメント業務を担当。2007年より旧ブーズ・アレン・ハミルトン(現:PwCコンサルティング)にて企業戦略立案、実行支援等に携わる。2009年に同社を退職後、コンサルティング会社である株式会社オントラックを設立し、企業の投資判断基準、撤退ルールの策定支援、財務モデリングの構築、トレーニングを実施している。
著書に『道具としてのファイナンス』(日本実業出版社)、『ざっくり分かるファイナンス』(光文社新書)等がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading