働き方改革で可能性が広がる? それっ、大きな勘違いかも! 変革をチャンスに変える方法を、働く女性の先輩がやさしくアドバイス。

働き方改革で 伸びる女性 つぶれる女性

定価:本体1,500円+税
発売日:2020年06月26日
ISBN:978-4-532-32345-5
並製/四六判/216ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「働き方改革」とともに推進される「産休・育休」「時短」「女性管理職登用」――すべて「勘違い」の宝庫である。誰が勘違いしているか? 法・制度をつくる国、それに従おうとする会社・雇い主、そして、働く女性自身である。

女性が仕事を持ちキャリアアップしていくことはもう当たり前。しかし一方で、女性が働き続けようとすると、未だに様々なハードルにぶつかるのもまた現実である。

育児と両立できずに仕事を辞めざるを得ない人。
非正規で働きながら「がんばっても先が見えない」という苦しさを感じている人。
正社員でも、「会社の方針が旧態依然としていて、思うように仕事ができない」とストレスを抱えている人。

本書は、人材育成インストラクター歴25年、5000人の研修に携わってきた女性向けキャリアアドバイザーが、研修で出会う女性達から寄せられる悩みも踏まえ、働く女性の先輩として、新しい時代の女性の働き方をやさしくアドバイスするもの。
結婚、子ども、昇進、やりがい……「どうせ私なんかには無理」と勝手に決めつけて、自分で自分をあきらめてしまうのは「もったいない! 」。自分の長所に気づき、能力を活かして、もっと充実した幸せな人生を送るために、やりがいのある仕事を持つことの大切さ、どうすればそれができるのかを、「働き方改革」の上手な活用と実践をヒントに具体的に解説。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために知っておきたい知識もふんだんに盛り込みながら、「幸せな人生」を目指して頑張る女性を応援する一冊である。

目次

  1. はじめに 焦って、選んで、あきらめていませんか?

     Ⅰ 働き方改革、本当に理解してますか?
    第1章 「女性活躍推進法」で、女性は活躍できるようになった?

    第2章 残業ナシで仕事が楽になる?

    第3章 育休制度で、仕事にも育児にも無理なく頑張れる?

    第4章 正社員はクビにはならない?
      
    第5章 福利厚生の手厚い会社はいい会社?

     Ⅱ 女性管理職って、本当にやらないほうがいいもの?  
    第6章 なぜ女性は管理職になりたがらないのか?

    第7章 女性管理職が成功するために必要なこと

    おわりに 働き方改革は女性の生き方改革

著者・監修者プロフィール

東谷 由香(ひがしたに ゆか)

株式会社ウーノ・アクティブ代表取締役。企業研修講師。
1958年高知県土佐清水市生まれ。中学から東京の自由学園に進学。中央大学経済学部卒。中央大学大学院MBA。大学時代はモデル事務所に所属し、CM、映画・舞台に出演も。専業主婦として子育ての後、日本経営協会の専任講師を経て、2010年、人材育成研修と顧客満足度・社員意識などの調査を請け負う(株)ウーノ・アクティブを設立。上場企業を中心に女性向け管理職研修なども手掛けている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading