8万部のベストセラー『ダークサイド・スキル』木村尚敬氏と「40歳定年制」柳川範之東大教授による最新作!

定価:本体1,600円+税
発売日:2020年05月25日
ISBN:978-4-532-32338-7
並製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

先の見えない時代、「管理職」に求められる役割も変わりつつある。従来からある「マネジャー」としての仕事に加えて、「リーダー」としてリスクをとった意思決定を自ら行い、ときには一級の「プレイヤー」として最前線に立つことも要求される。

旧来型の管理職として時代に取り残されるか、新時代のリーダーとして道を切り開くか。本書では、その2つを対比しつつ、新しい時代の「管理職に求められる条件」を描き出す。

●時代に取り残される「旧来型」オッサン管理職
-情報がないから判断できない
-自部門に不利な決断ができない
-意思決定を自分の仕事だと思っていない。責任をとらない
-「リスクを減らす」ことが自分の役割だと思っている
-会社にしがみつく

●2020年代に生き残る管理職への道
-20代、30代の友達をつくれ
-現役感を手放すな
-ムカつく奴を使いこなせ
-チームの羅針盤をつくれ
-ブライトサイド・スキルを磨け

著者・監修者プロフィール

木村 尚敬(きむら なおのり)

株式会社経営共創基盤(IGPI) 共同経営者 マネージングディレクター。
ベンチャー企業経営の後、日本NCR、タワーズペリン、ADLにおいて事業戦略策定や経営管理体制の構築等の案件に従事。IGPI参画後は、製造業を中心に全社経営改革(事業再編・中長期戦略・管理体制整備・財務戦略等)や事業強化(成長戦略・新規事業開発・M&A等)など、さまざまなステージにおける戦略策定と実行支援を推進。
IGPI上海董事、モルテン社外取締役。
慶應義塾大学経済学部卒、レスター大学修士(MBA)、ランカスター大学修士(MS in Finance)、ハーバードビジネススクール(AMP)。
主な著書に、『ダークサイド・スキル』『見える化4.0』(共に日本経済新聞出版社)など。


※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

柳川 範之(やながわ のりゆき)

東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授。
中学卒業後、父親の海外転勤にともないブラジルへ。ブラジルでは高校に行かずに独学生活を送る。大検を受け慶應義塾大学経済学部通信教育課程へ入学。大学時代はシンガポールで通信教育を受けながら独学生活を続ける。大学を卒業後、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。
主な著書に、『法と企業行動の経済分析』(第50回日経・経済図書文化賞受賞、日本経済新聞社)、『40歳からの会社に頼らない働き方』(ちくま新書)、『東大教授が教える独学勉強法』(草思社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading