生涯賃金は会社の規模より○○で決まる? 会社が教えてくれない「出世」と「給料」のからくりを人事コンサルタントが解説。

マンガでわかる いまどきの「出世学」

定価:本体1,300円+税
発売日:2016年12月23日
ISBN:978-4-532-32119-2
並製/四六判/176ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

6割強の人は、出世をしないと、40代50代になってもずーっとその年収!?
人事コンサルタントが、新しい時代の「正しい出世のルール」をマンガでやさしく解説します。


「年収は会社の規模よりも○○で決まっている。」
「効率優先の人と公私一体の人、どちらが役員に選ばれるか?」
「転職で出世できる人と転落してしまう人の違いは?」
「そこそこ出世で年収1000万円を実現する裏技」
「自由とお金の両方を手に入れられる働き方とは?」
……大企業から中小までさまざまな業界を担当する人事コンサルタントが、働き方が激変する現代の「出世」と「給料」のルールをマンガで解説します。


【主な内容】
・残業すると出世に不利になる?
・ブラック企業ならぬ「ブラック業界」の登場
・出世しなくても給料が上がる業界と、あがらない業界
・転職で不幸になる人のパターン
・目の前の仕事をがんばるよりも、有効な出世への近道とは

目次

  1. プロローグ 目の前の仕事を頑張っても、評価されない時代

    第1章 出世って、割に合わなくないですか?

    第2章 転職で出世する人、転落する人

    第3章 あなたの武器はなんですか?

    第4章 「サラリーマンの時代」は終わる

著者・監修者プロフィール

平康 慶浩(ひらやす よしひろ)

セレクションアンドバリエーション代表取締役
1969年生まれ。大阪市立大学経済学部卒業。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。アクセンチュア株式会社、アーサーアンダーセン、日本総合研究所を経て独立。企業の人事マネジメント、組織体制の改革を手がける。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading