マッキンゼー出身の著者による、論理的かつ明瞭な表現方法で説得力ある英語ビジネスドキュメントを設計・執筆するための指南書。

英語ビジネスドキュメント・ライティングの技術

定価:本体1,700円+税
発売日:2016年05月27日
ISBN:978-4-532-32074-4
並製/A5判/232ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

これが世界標準のライティング技法だ

グローバルでは、書き手の責任が10割!


マッキンゼー、JPモルガンで活躍してきた著者だから書ける、論理思考とパラグラフ・ライティングに立脚する
説得力と明瞭性のある英語ビジネス文書作成の極意。
単なる英作文ではないコミュニケーション・スキルを獲得しよう。

◆――グローバルビジネスの場で必要とされる、論理的かつ明瞭な表現方法で説得力ある英語ビジネス・ドキュメント(報告書、提案書、依頼書など)を執筆するための指南書です。
◆――センテンス(文)レベルの表現方法に限定された、電子メールやエッセイ向けの「英文ライティング」を超えた、ドキュメント全体をいかに設計するかというスキルを学べます。
◆――ドキュメントの内容に説得力を生む【論理思考】をはじめ、誤読をさせないセンテンス(文)レベルでの【英語としての明瞭表現】、ドキュメントの一貫性を担保する【パラグラフ・ライティング】、ドキュメントに流れをつくる【ストーリー展開】という4つのスキルを自在に操り、高品質のビジネスドキュメントで相手を動かします。
◆――マッキンゼーやJPモルガンをはじめとするグローバル企業で学び、磨いた技法を、体系的に解説します。

目次

  1. 序 論 異なる世界観
     1 西洋的世界観と東洋的世界観の対比
     2 西洋的世界観を反映した英語の特徴
     3 ドキュメントスタイルへの意味合い
     4 ドキュメント作成の奥の深さ

    Chapter1 明瞭な表現
     1 メッセージの理解
     2 釣り合いのとれたテーマ
     3 抽象化の技術
     4 接続の重要性
     5 センテンスレベルでの語順の重要性

    Chapter2 骨太の論理構造
     1 ロジックの基本構造
     2 説得力
     3 プラミッド構造
     4 プラミッドの種類
     5 メッセージの抽出法

    Chapter3 ドキュメントの基本構造
     1 ドキュメントとピラミッド
     2 パラグラフとその統一性
     3 ワンパラグラフ・ワンメッセージ

    Chapter4 パラグラフの結束性
     1 パラグラフの結束性
     2 結束性と情報構造
     3 セクションの構成

    Chapter5 ドキュメントの展開
     1 提案書とドキュメントの三部展開
     2 導入パラグラフ
     3 要約パラグラフ

    Chapter6 問題解決型ストーリー
     1 TH法問題解決型ストーリー
     2 原状回復型(Recovery Type)
     3 潜在問題予防型(Prevention Type)
     4 理想追求型(Goal-seeking Type)

    Chapter7 タイプ別ストーリーの特徴とバリエーション
     1 問題タイプ別ストーリーの応用
     2 ハイブリッド型問題タイプ
     3 ストーリー展開での導入の役割とパターン

著者・監修者プロフィール

高杉 尚孝(たかすぎ ひさたか)

高杉尚孝事務所代表、筑波大学大学院客員教授
慶應義塾大学経済学部卒業、ペンシルバニア大学ウォートンスクール修了(MBA)。ニューヨーク証券取引所認定スーパーバイザー財務アナリスト(SA)。アルバート・エリス研究所認定スーパーバイザー心理セラピスト。モービル石油の日本法人、マッキンゼー・アンド・カンパニーのニューヨーク本社及び東京支社、JPモルガンのニューヨーク本社及び東京支社に勤務。その後、米系情報コンサルティングファームのマネジング・ディレクターを経て高杉尚孝事務所を設立。以来、論理的思考とライティング、問題解決、交渉技術、戦略シナリオ立案、メンタル・タフネス強化など、思考系分野でのリーダー育成に従事している。NHK教育テレビ「英語ビジネスワールド」講師(1999年度・2001年度後半)。日経ビジネススクールの講師も長年務めている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading