ライバルと同じ土俵では戦わない! 「競争のルール」をつくり変えてしまうことで敵の攻撃をかわす、無力化させるといった攻め方、守り方を、事例をまじえて解説。

ゲーム・チェンジャーの競争戦略

内田和成 編著
定価:本体1,600円+税
発売日:2015年01月27日
ISBN:978-4-532-31958-8
上製/四六判/216ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ライバルと同じ土俵では戦わない! 「競争のルール」をつくり変えてしまうことで敵の攻撃をかわす、無力化させるといった攻め方、守り方を、事例をまじえて解説。

『異業種競争戦略』の続編。各プレーヤーの戦い方にフォーカスし、実戦でも使えるヒントを提供。セブンカフェや東進ハイスクールなど身近な事例が満載。

目次

  1. 第1章 新たなゲームのはじまり――激化する異業種競争

    第2章 相手の儲けの仕組みを無力化する――秩序破壊型

    第3章 顧客が気づいていない価値を具体化する――市場創造型

    第4章 新しい事業モデルをつくり出す――ビジネス創造型

    第5章 バリューチェーンを見直す――プロセス改革型

    第6章 既存プレーヤーはどう対抗するか

著者・監修者プロフィール

内田 和成(うちだ かずなり)

早稲田大学ビジネススクール教授。
東京大学工学部卒業。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空を経て、1985年ボストン コンサルティング グループ(BCG)入社。2000年6月から2004年12月までBCG日本代表、2009年12月までシニア・アドバイザーを務める。2006年には「世界の有力コンサルタント25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出された。2006年より現職。ビジネススクールで競争戦略論やリーダーシップ論を教えるほか、エグゼクティブ・プログラムでの講義や企業のリーダーシップ・トレーニングも行う。著書に『仮説思考』『論点思考』『右脳思考』(いずれも東洋経済新報社)、『異業種競争戦略』(日本経済新聞出版)、『ゲーム・チェンジャーの競争戦略』(編著、日本経済新聞出版)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading