取引先が倒産すると債権者は多岐にわたる法律に関与することとなる。本書はそうした法律を包括的に取り上げ、債権者が取るべき道をQ&A方式でわかりやすく解説。関係する法律の条文も収録した実務家必携の書。

Q&A 取引先の倒産対応マニュアル

定価:本体2,600円+税
発売日:2010年01月27日
ISBN:978-4-532-31497-2
並製/A5判/388ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

取引先が倒産すると債権者は多岐にわたる法律に関与することとなる。本書はそうした法律を包括的に取り上げ、債権者が取るべき道をQ&A方式でわかりやすく解説。関係する法律の条文も収録した実務家必携の書。

実務家に必要不可欠な情報をまとめたコンパクトな一冊。取引先の倒産に関与する「債権者の立場」「スポンサーの立場」から解説しています。実務担当者をはじめ、ビジネスマン、法曹関係者、ロースクールの学生に。

目次

  1. はしがき

    第 I 部 債権者編
     第1章 倒産に関連する法令
     第2章 債権者の視点から見た倒産への対処法
     第3章 債権者の税務処理
     第4章 債務者経営陣への責任追及
     第5章 クロスボーダー倒産手続きへの対処法

    第 II 部 債務者企業編
     第1章 倒産時に発生する主要な問題への対処法
     第2章 債務者の税務処理

著者・監修者プロフィール

阿部 信一郎(あべ しんいちろう)

中央大学法科大学院特任教授、弁護士。企業法務一般、特に倒産事件(不良債権処理、債権回収を含む)、事業再編、M&A、コンプライアンス、独禁法、不動産や訴訟を中心に活動する。1994年の弁護士登録後、倒産事件に関しては、山一證券、多田建設、ハウステンボス、ハクビ、大和生命、SFCG、アシストテクノロジージャパン、ライフコート等の多数の法的倒産事件、私的整理事件に関与。米国ではプルデンシャル生命保険会社のバイスプレジデント在任中および米国大手法律事務所所属中に、国際的な大規模ワークアウト(私的整理)やエンロン事件等の大規模倒産事件に関与する。その他、英国・ブラジルをはじめとする世界各国の倒産事件にも日本側代理人として関与。著作として最近刊の『地域力の再生』(分担執筆、社団法人 金融財政事情研究会)ほか多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading