失われた15年を超えて、いま日本企業に求められているのは、単なる市場主義ではない! 福原義春、小林陽太郎、野中郁次郎など、日本を代表する企業経営者と研究者が集い、新しい経営の型を真摯に問う意欲的経営論。

定価:本体1,900円+税
発売日:2007年11月05日
ISBN:978-4-532-31358-6
上製/四六判/288ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

失われた15年を超えて、いま日本企業に求められているのは、単なる市場主義ではない! 福原義春、小林陽太郎、野中郁次郎など、日本を代表する企業経営者と研究者が集い、新しい経営の型を真摯に問う意欲的経営論。

目次

  1. まえがき

    序章 価値創造の構造と基軸

    第1章 価値創造を語る

    第2章 相対から絶対の競争へ

    第3章 市場原理と人間原理の綜合

    第4章 環境変化への柔軟かつ機敏な対応

    第5章 社会に対する価値創造

    第6章 イノベーションへの情熱

    第7章 価値創造の実践

    第8章 価値創造のリーダーシップ

    あとがき 長島徹

著者・監修者プロフィール

野中 郁次郎(のなか いくじろう)

一橋大学名誉教授
1935年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、富士電機製造勤務を経て、カリフォルニア大学経営大学院(バークレー校)にてPh.D取得。著書に『失敗の本質』『戦略の本質』(各共著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

嶋口 充輝(しまぐち みつあき)

1967年 慶應義塾大学経済学部卒業
1975年 慶應義塾大学、ミシガン州立大学の両大学院博士課程修了
1986年 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授
現 在 慶應義塾大学名誉教授

主 著 『統合マーケティング』日本経済新聞出版社、1986年
    『顧客満足型マーケティングの構図』有斐閣、1994年
    『仕組み改革の時代』有斐閣、編著、2004年

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

価値創造フォーラム21(かちそうぞうふぉーらむ21)

理事長 片野坂真哉
「企業の価値」が注目されている現在、新たな価値創造を目指す企業活動のあり方、個と組織の共進化および、共創を目指す新しい価値創造のリーダーシップのあり方などを探求する場として、1998年4月に異なる業種、立場の異なるものが相集い、幹事会社の経営者を中心として共通の志をもって設立。2010年社団法人に移行。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading