値ごろ感のユニクロと高級路線の伊勢丹。稼ぎ上手はどっちだ? 誰もが知っているあの会社の戦略が、どうやってお金に結び付いているのかを読み解く。経営戦略と会計学がドッキングした2倍おいしいビジネス解説書。

なぜ、あの会社は儲かるのか?

定価:1,540円(税込)
発売日:2006年08月25日
ISBN:978-4-532-31296-1
並製/四六判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

値ごろ感のユニクロと高級路線の伊勢丹。稼ぎ上手はどっちだ? 誰もが知っているあの会社の戦略が、どうやってお金に結び付いているのかを読み解く。経営戦略と会計学がドッキングした2倍おいしいビジネス解説書。

目次

  1. プロローグ

    1章 差別化、高級路線は儲かるのか?
        ――帝国ホテルと東横インの利益率の怪!

    2章 あんなに安売りして儲かるの?
        ――「損して得とれ」で稼ぐドコモとキヤノン

    3章 ポイントで得する会社、苦しむ会社
        ――笑うANAと悩める百貨店

    4章 製品の寿命は会社の寿命?
        ――本業を失った吉野家、富士写真フイルムの対応

    5章 なぜ、赤字会社が黒字会社を買える?
        ――急成長A社が堅実B社をM&Aできる理由

    6章 稼いだ利益を何に変えるべきか?
        ――不動産を買った阪急、キャッシュのままの任天堂

    エピローグ

著者・監修者プロフィール

山田 英夫(やまだ ひでお)

早稲田大学ビジネススクール教授。1955年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。三菱総合研究所にて大企業のコンサルティングに従事後、早大に転じ、現職。博士(学術)。専門は競争戦略、ビジネスモデル。製薬、電機、金融、食品企業の社外監査役を歴任。著書に『経営戦略 第3版』(共著)『競争しない競争戦略』『異業種に学ぶビジネスモデル』『なぜ、あの会社は儲かるのか?』(共著)『逆転の競争戦略:第4版』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

山根 節(やまね たかし)

1949年東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。(監)トーマツなどを経て、現在、慶應義塾大学ビジネススクール教授。商学博士(慶應義塾大学)。公認会計士。 <主な著書>『日経で学ぶ経営戦略の考え方』(共著、日本経済新聞社)、『エンタテインメント発想の経営学』(ダイヤモンド社)、『ビジネス・アカウンティング:MBAの会計管理』(中央経済社)、『戦略と組織を考える:MBAのための7ケース』(中央経済社)、『経営の大局をつかむ会計』(光文社新書)など

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading