トップの不規則発言から消費者の不買運動を招いた老舗食品会社――不祥事のマスコミ対応が企業の生死を分ける。平時の備えから緊急事の記者会見まで、数多くの修羅場を経験した弁護士が実践的に説く。

その「記者会見」間違ってます!
「危機管理広報」の実際

中島茂
定価:本体1,600円+税
発売日:2007年02月21日
ISBN:978-4-532-31251-0
上製/四六判/228ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

トップの不規則発言から消費者の不買運動を招いた老舗食品会社――不祥事のマスコミ対応が企業の生死を分ける。平時の備えから緊急事の記者会見まで、数多くの修羅場を経験した弁護士が実践的に説く。

目次

  1. 第1章 世間の「反感」は企業の致命傷!

    第2章 「反感」から「好感」へ――好感を得られるような企業の「本質」を備える

    第3章 なぜ広報が必要なのか「伝える決意」

    第4章 「初期対応」が会社の死命を制する

    第5章 危機管理広報のポイント「伝える技術」

    第6章 リーガル・チェックの必要性

    第7章 記者会見の準備

    第8章 記者会見の実際

著者・監修者プロフィール

中島 茂(なかじま しげる)

中島経営法律事務所代表。弁護士。1977年東京大学法学部卒。1979年弁護士登録。2007年、日本経団連「行動憲章実行の手引き」改訂に関与。財務会計基準機構評議員会評議員。著書に『社長! それは法律問題です』『その記者会見間違ってます! 』『取締役の法律実務』『社長! その会見、会社を潰します! 』(いずれも日本経済新聞出版社)ほか多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading