成果主義失敗の原因は、優秀な人材ほど高業績達成のノウハウを囲い込み、巧妙に目標のハードルを引き下げてしまうからだ。実例をもとに、個が活性化し組織全体に中長期の成長循環を生み出す人事改革手法を提示する。

超・成果主義
個力を引き出し 強い組織をつくる

定価:本体1,800円+税
発売日:2005年06月15日
ISBN:978-4-532-31218-3
上製/四六判/368ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

成果主義失敗の原因は、優秀な人材ほど高業績達成のノウハウを囲い込み、巧妙に目標のハードルを引き下げてしまうからだ。実例をもとに、個が活性化し組織全体に中長期の成長循環を生み出す人事改革手法を提示する。

目次

  1. はじめに

    第1章 成果『査定』主義の崩壊
     1 成果のあがらぬ成果主義の矛盾
     2 成果『査定』主義だからうまくいかない!
     3 真の高業績につながらない成果『査定』主義
     4 なぜ成果『査定』主義は崩壊したのか
     5 成果『査定』主義成立の前提条件とは

    第2章 高業績達成をめざす「成果創造主義人事」
     1 成果『査定』主義を超えよ
     2 成果創造主義人事の全体像
     3 成果創造主義人事で人事戦略のパラダイムを変える
     4 成果『査定』主義と成果創造主義人事の相違
     5 高業績達成行動と知識創造活動への動機付け  他

    第3章 知創型コンピテンシー・マネジメント・システム
     1 コンピテンシーの真実
     2 コンピテンシー入門
     3 コンピテンシーをどう活用するか?
     4 日本企業におけるコンピテンシー導入のパターン
     5 組織力の底上げによる高業績達成へ  他

    第4章 実践的コンピテンシー・コーチング技法
     1 コンピテンシーの実務的問題点・限界
     2 限界を打ち破る知識創造とコーチング理論
     3 コンピテンシー・コーチングとはどのような技法か?
     4 コンピテンシー・コーチング技法でコンピテンシーの弱点を補う
     5 コンピテンシー・コーチング技法のステップ  他

    第5章 戦略実現を優先した知創型チーム目標管理
     1 個人業績査定ツールとしての目標管理の限界
     2 組織目標達成への回帰
     3 チーム目標管理の事例

    エピローグ
     1 高業績達成マネジメントと人事管理機能の統合
     2 成果創造主義人事システムの総括
     3 真の高業績達成をめざして
     4 人事とは経営そのもの

    主要参考文献

著者・監修者プロフィール

加藤 昌男(かとう まさお)

経営コンサルタント(中小企業診断士。日本生産性本部認定経営コンサルタント)。
1960年生まれ。早稲田大学商学部卒。日本鋼管、リクルート、財団法人日本生産性本部を経て現職。人事労務を中心に、現場に入りコツコツ手作りで実践するタイプの「経営コンサルタント」として民間企業、官公庁などのコンサルティング指導、教育にあたる。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading