常識を覆し、革新を生み出せるか? それとも、旧いルールに縛られ、呪縛に陥るか? 組織内外の制度や文化の「危険性」を認識し、その「見えない力」を最大限に引き出す論理を解き明かす。

制度と文化 組織を動かす見えない力

定価:2,090円(税込)
発売日:2004年09月21日
ISBN:978-4-532-31165-0
上製/四六判/336ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

常識を覆し、革新を生み出せるか? それとも、旧いルールに縛られ、呪縛に陥るか? 組織内外の制度や文化の「危険性」を認識し、その「見えない力」を最大限に引き出す論理を解き明かす。

目次

  1. 序章 制度と文化のレンズで見る企業社会

    第1章 企業文化論ブーム・再考
     1 組織文化の発見
     2 「組織文化の再発見」の意味と意義
     3 企業文化ブームの彼方に

    第2章 組織文化の光と翳
     1 組織文化の定義と諸要素
     2 組織文化の機能
     3 統一文化仮説の諸問題
     4 新しい組織文化像に向けて

    第3章 組織アイデンティティのダイナミクス
     1 ユニークさの謎
     2 組織アイデンティティ論の誕生
     3 組織アイデンティティの機能
     4 組織アイデンティティをめぐる諸問題
     5 組織アイデンティティのゆくえ
    まとめ1

    第4章 組織理論におけるパラダイムシフト――効率性モデルを超えて
     1 チャンドラー――最適解の戦略と最適解の構造
     2 フリグスタイン――「最適解」をめぐる権力闘争
     3 フリグスタインに見られる制度論的発想

    第5章 新制度派組織理論のエッセンス――組織は流行にしたがう
     1 組織をめぐる制度の神話性
     2 新制度派組織理論の誕生
     3 新制度派組織理論のエッセンス
     4 組織は流行にしたがう――組織の類似性と制度的環境

    第6章 新制度派組織理論のレンズで見る企業社会
     1 新制度派組織理論の展開――非営利組織から企業組織へ
     2 企業社会の分析のための基本的フレームワーク(1)――問題設定
     3 企業社会の分析のための基本的フレームワーク(2)――分析ツール
     4 制度と文化の呪縛を越えて――新制度派組織理論の問題点と組織と個人の主体性
    まとめ2

    第7章 文化の呪縛からの脱却――社会化過剰の組織観と人間観を超えて
     1 鉄の檻としての文化と「役割距離」
     2 組織理論における制度・組織・個人の相互規定関係

    第8章 文化の起業家、制度の起業家――複合戦略モデルの構想
     1 道具箱としての文化――社会化過剰の人間観を超えて
     2 行為戦略と経営戦略の接点
     3 制度固有のロジック――社会化過剰の組織観を超えて
     4 文化の起業家、制度の起業家


    索引

著者・監修者プロフィール

佐藤 郁哉(さとう いくや)

一橋大学大学院商学研究科教授。1955年生まれ。1977年東京大学文学部卒(心理学)。1984年東北大学大学院博士課程中退(心理学)。1986年シカゴ大学大学院修了(Ph.D.)(社会学)。東北大学文学部助手、茨城大学人文学部助教授、一橋大学商学部助教授・同学部教授を経て、2000年から現職。 <主な著書>『フィールドワーク』、『Kamikaze Biker』、『組織と経営について知るための実践フィールドワーク入門』 <主な論文>「制度固有のロジックから『ポートフォリオ戦略』へ」、『労働現場の民族誌』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

山田 真茂留(やまだ まもる)

早稲田大学文学部教授。1962年生まれ。1985年東京大学文学部卒(社会学)。1992年東京大学大学院博士課程単位修得退学(社会学)。東京大学文学部助手、東京外国語大学外国語学部講師・同学部助教授、立教大学社会学部助教授を経て、2003年から現職。 <主な分担執筆書>『企業文化論を学ぶ人のために』(梅澤正・上野征洋 編)、『証言・日中合弁』(園田茂人 編)、『講座社会学7 文化』(宮島喬 編) <主な論文>「組織アイデンティティの現代的変容』、「組織をめぐる文化と制度」、「構築主義的組織観の彼方に」など

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading