東証再編や、CGコードへの対応、ESG投資の活況など注目を集める株式投資に落とし穴はないか?日経きってのベテラン記者が斬る。

定価:990円(税込)
発売日:2021年11月22日
ISBN:978-4-532-26468-0
並製/新書判/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

■バブル崩壊後、最高値レベルまで戻してきた日経平均。株式投資が資産運用の手段として注目されるのはもちろん、東証再編や、コーポレートガバナンス・コードへの対応、ESG投資の活況などマーケットを賑わす話題も豊富だ。ただ、株式市場や株式投資についてまかり通っている通説、耳ざわりのよい話をそのまま信じてよいわけではない。

■本書では、企業統治改革であれ、グリーン化であれ、世の中で「いいことだ」といわれていることの多くには、さまざまな落とし穴が潜んでいることを示す。そもそも専門家でも、株式投資について大きな誤解をしているのではないかと思われる場合がある。アクティブ運用には限界があることや、外国株運用のリスク、積み立て投資にひそむ家計のポートフォリオをいびつにする危険性を指摘。

■これから日本人の個人投資家がマーケットでリターンを得るのがいかに狭き道か(それでも投資を続けることにどんな価値があるのか)、いま話題の東証再編やESG投資、社外取締役の選任などにも、どのような問題があるのか――日本経済新聞の記者として40年、株式市場を取材してきた著者が解き明かす。

目次

  1. 第1章 それでも株式投資は面白い

    第2章 「外国株はいい」の誤解

    第3章 プライム市場で企業は変わるか

    第4章 奏功するか企業統治改革

    第5章 ESG投資の落とし穴

    第6章 選別投資に意味はあるのか

    第7章 家計の運用にジタバタは禁物

    第8章 投資優遇税制の役割

著者・監修者プロフィール

前田 昌孝(まえだ まさたか)

日本経済新聞編集委員
1957年生まれ。79年東京大学教養学部卒業、日本経済新聞社入社。産業部、神戸支社を経て84年証券部。91~94年ワシントン支局。証券部編集委員、日経ヴェリタス編集部編集委員、日本経済研究センター主任研究員を経て現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading