いつから歴史に現れたのか、ダイヤモンドビジネスの覇者デビアスの正体とは--。人類を魅了した欲望の代名詞の知られざる歴史を追う。

定価:本体850円+税
発売日:2020年09月10日
ISBN:978-4-532-26440-6
並製/新書判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ダイヤモンドの歴史とは、人々の欲望の歴史です。「ダイヤモンドは永遠の輝き」とは、ダイヤモンドのシンジゲートを牛耳るデビアスが、一九四八年に考案したキャッチコピー。このキャッチコピーにより、世の男性は、結婚指輪として、ダイヤモンドを女性に渡すようになっていったのです。人は、指にはめたダイヤモンドを見せびらかします。それは、優越の証。それが、他の人よりも良いものであれば、優越感に浸り、満足するのです。
本書は、古代ギリシャから覇者デビアスの誕生と凋落、紛争ダイヤ、合成ダイヤまで人々の欲望をめぐって成長してきたダイヤモンドビジネスの歴史をたどるユニークな世界史です。

目次

  1. 序 章 人々はなぜこの炭素物質に魅了されるのか

    第1章 人類とダイヤモンドの出合い――古代から中世

    第2章 大航海時代とダイヤモンド

    第3章 帝国主義時代へ

    第4章 グローバリゼーション時代のダイヤモンド

    終 章 変貌するダイヤモンド取引

著者・監修者プロフィール

玉木 俊明(たまき としあき)

京都産業大学経済学部教授
大阪市生まれ。1987年同志社大学文学部文化学科卒。93年同大学院博士課程中退。96年京都産業大学経済学部講師、2000年助教授、2007年教授。09年「北方ヨーロッパの商業と経済 1550-1815年」で大阪大学文学博士。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading