異常気象、感染症、食糧危機……従来の前提が崩れるいま、今後10年で地球がどう変わるのか。最新データを基に丁寧に読み解く。

定価:本体900円+税
発売日:2020年07月10日
ISBN:978-4-532-26430-7
並製/新書判/334ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

相次ぐ豪雨・台風による被害。
一気に世界中に拡大する感染症。
魚や水など、急速に身近になってきた食糧問題。

「うさんくさい」「きれいごと」だと思われてきた「地球全体の問題」について、
一般の人々も切実なテーマとして関心を寄せるようになりつつある。
企業も「規制があるから仕方なく対応」「環境問題に配慮しすぎると成長が止まる」
といった旧来型の発想からの転換を求められている。

本書は、いま世界でなにが問題視されているのか、
このままの状態が続くと近い将来世界がどうなるのかを、
一般層に向けてわかりやすく説明する。

取り上げるのは気候変動にともなう天災、食糧危機。
フードロスや、乱獲による水産資源の減少、そして「水リスク」。
コロナ問題で一気に他人ごとではなくなった感染症問題。
さらに途上国の工場をめぐる人権問題など、我々をとりまく課題について、
ひととおり理解ができるようにする。

一般ビジネスパーソンに向けて、先行する欧米企業がどのような動きをし、
投資家がどう見ているのかといった内容を紹介する。

目次

  1. 第1章 顕在化した気候変動の猛威

    第2章 迫りくる食糧危機の実態

    第3章 消える森林と食品・小売企業への影響

    第4章 食卓から魚が消える日

    第5章 水をめぐる社会紛争--日本は世界有数の水リスクにさらされている

    第6章 感染症の未来--コロナの次のリスクはどこに

    第7章 世界のパワーシフト--日米欧の中間層割合が5割から3割に激減

    第8章 サプライチェーンのグローバル化と人権問題

    第9章 メガトレンドの理解度が勝敗を決する時代へ

著者・監修者プロフィール

夫馬 賢治(ふま けんじ)

株式会社ニューラルCEO。
ハーバード大学大学院リベラルアーツ(サステナビリティ専攻)修士。サンダーバード・グローバル経営大学院MBA。東京大学教養学部(国際関係論専攻)卒。日本で2013年からサステナビリティの重要性を発信し、ESG投資という概念を日本で普及させた一人。機関投資家、外資企業コンサル、大手上場企業の間で人気のニュースサイト「Sustainable Japan」の編集長も務める。環境省ESGファイナンス・アワード選定委員や国際会議での有識者委員を歴任。サステナビリティ観点での経営戦略、IR、リスクマネジメント、マーケティング、ブランディング、R&D戦略等のアドバイザーや顧問、理事の依頼を、大手上場企業や機関投資家、広告代理店、国際NGOから幅広く受けている。CNN、NHK、日本テレビ等への出演や、フィナンシャル・タイムズ、エコノミスト、日本経済新聞への取材対応、国内・海外での講演も多数。他の著書に『ESG思考』(講談社+α新書)、『いちばんやさしいSDGs入門』(共著、宝島社)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading