フランスの出生率が減少している。移民、失業、学業の長期化・・・と新たな課題に直面している欧州各国から「少子化」への向き合い方を学ぶ。

定価:本体850円+税
発売日:2019年04月10日
ISBN:978-4-532-26401-7
並製/新書判/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

移民で出生率が上がったドイツ、
「親になれない」フランスの若者、
数よりも子育ての「質」が議論されるイギリス・・・・・・
新たな課題に直面する欧州各国の動きを学び、日本が進む道を探る。


◆日本では人手不足の影響から少子化対策が叫ばれ「働き方改革」や「女性の活躍推進」が話題を集めているが、現実の対策は各企業や個人の裁量に依存しているところが大きい。
無償の教育、未婚でも充実した子育て環境など少子化対策の「お手本」として注目を集めてきたフランスは、ここ数年で出生率が減少していた。
背景には、フルタイムで働く女性の増加や学業の長期化、若年男性の失業が影響している。
フランスだけではない。
欧州各国では新たな課題が生まれていた。
例えばドイツでは、出生率は増加したものの、新生児の25%の親は外国人だった。
社会保障の恩恵を受けるのは誰なのか、国内で議論が進んでいる。
日本に先駆けて動く欧州各国の最新の少子化事情を、豊富なデータから読み解いていく。

【本書の内容】
・男性が「選択」した少子化
・親になれない若者世代
・「小さな奇跡」の裏側
・増える高齢出産の本音
・壊れる「結婚=出産」の前提
・宗教は出産に影響を与えるのか
・デジタル社会で家族はどう変わるのか
・起業家を養成する「カオスパイロット」
・社会保険が適用される不妊治療
・「人生のラッシュアワー」にふりまわされるドイツ人

目次

  1. 第1章 なぜ少子化は問題なのか

    第2章 フランス――優等生であり続けるのか

    第3章 ドイツ――超低出生率から抜け出すのか

    第4章 イギリス・スウェーデン――「少子化」から「子育ての質」へ

    第5章 「選択」される子育て

    第6章 日本の誤解と失敗

    第7章 少子化する世界でどう生きるか

著者・監修者プロフィール

村上 芽(むらかみ めぐむ)

株式会社日本総合研究所 創発戦略センターシニアマネジャー
1975年生まれ。高校でUnited World College of the Atlantic (英)に留学。京都大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)を経て2003年に同社入社。
ESG(環境、社会、ガバナンス)投資や評価型融資向けの企業評価、気候変動リスクと金融、子どもの参加論などを手がける。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading