行き詰まる地方創生、どう打開するのか。現場をよく知る専門家が、「まち、ひと、仕事、リーダー、仕組み」の観点から徹底討論。

どうする地方創生
2020年からの新スキーム

山崎史郎 編著/小黒一正 編著
定価:935円(税込)
発売日:2018年12月12日
ISBN:978-4-532-26388-1
並製/新書判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

人口減少や少子高齢化が進行する中、「地方消滅」の危機が迫ります。政府も、「まち・ひと・しごと創生本部」を立ち上げて対応を急ぎ、全国自治体がビジョンや戦略を策定したが、なかなか実効性のある地方創生の「次世代モデル」が見えてきません、それはなぜか――。

本書は、地方創生総括官として陣頭指揮をとった山崎氏をはじめ、財政の専門家の小黒一正氏をはじめ、財政、社会保障、地域振興の専門家が、地方創生が直面する課題とこれから向かうべき道について、「本音ベース」で語り尽くす書籍です。

「人が集まらない昭和モデルの街づくり」「旧来の発想から脱しきれないリーダー」「コンセンサスが得られず、一体感を作り出せない地域」など厳しい現実の課題を語りつつ、どうすれば実効性のある地方創生が実現できるのか、具体的事例も交えながら語り尽くします。

目次

  1. 序 章 地方創生の3つの「壁」を越える

    第1章 訪れたい、住み続けたい「まち」にする

    第2章 新たな価値は「ひと」から生まれる

    第3章 魅力ある「しごと」とは、何か

    第4章 誰が地域の「リーダー」になるのか

    第5章 地方創生を現実にする「仕組み」

    終 章 鍵を握る「官民協働」の仕組み

著者・監修者プロフィール

山崎 史郎(やまさき しろう)

1954年、山口県生まれ。78年に東京大学法学部卒業後、厚生省(現・厚生労働省)入省。厚生省高齢者介護対策本部次長、内閣府政策統括官、内閣総理大臣秘書官、厚労省社会・援護局長、内閣官房地方創生総括官を歴任した後、2018年7月から21年11月まで駐リトアニア特命全権大使を務めた。この間、介護保険の立案から施行まで関わったほか、若年雇用対策、生活困窮者支援、少子化対策、地方創生などを担当。21年9月、リトアニア政府より功績により外交スター勲章を授与された。著書に『人口減少と社会保障』(中公新書、2017年)、『どうする地方創生』(共編著、日本経済新聞出版、2018年)、『新装版・介護保険制度史』(共著、東洋経済新報社、2019年)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

小黒 一正(おぐろ かずまさ)

法政大学経済学部教授
1997年、京都大学理学部卒業後、大蔵省入省。2003年、京都大学大学院経済学研究科修士課程修了。05年、財務総合政策研究所研究官。06年、埼玉大学非常勤講師。08年、一橋大学大学院経済学研究科博士課程入学、世界平和研究所、一橋大学経済研究所准教授、法政大学経済学部准教授を経て、2015年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading