出世のルールは40 代で変わる。失敗しても、担当部署の業績が悪くても、上に行く人は上に行く。人事評価の結果が平均以下であったとしても、だ――。会社員なら誰もが思い当たる「評価と昇格のひずみ」を徹底分析!

定価:本体850円+税
発売日:2014年10月10日
ISBN:978-4-532-26265-5
並製/新書判/248ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

出世のルールは40 代で変わる。失敗しても、担当部署の業績が悪くても、上に行く人は上に行く。人事評価の結果が平均以下であったとしても、だ――。会社員なら誰もが思い当たる「評価と昇格のひずみ」を徹底分析!

▼ 著者の平康氏が語る“出世の真相”の動画をご覧いただけます。

PCの方はこちら


スマートフォンの方はこちら



※お使いのOSや通信環境によっては、動画をご覧になれない場合があります。


著者は130 社以上の企業の人事評価システムの開発に携わったコンサルタント。40 代はもちろん、20 代後半〜30 代の会社員まで、幅広く楽しめる読み物。

目次

  1. 第1章 評価が低いあの人が、なぜ出世するのか?――「使う側」「使われる側」の壁

    第2章 課長手前までは「できる人」が出世する――組織における人事評価と昇進のルール

    第3章 役員に上がるヒントは、ダイエット本の中にある――経営層に出世する人たち

    第4章 採用試験の本番は40歳から始まる――課長ポストからのキャリアの見直し

    第5章 飲みに行く相手にあなたの価値は表れる――第二のキャリアを設計する

    第6章 レースの外で、居場所を確保する方法――組織内プロフェッショナルという生き残り方

    第7章 「求められる人」であり続けるために――会社の外にあるキャリア

著者・監修者プロフィール

平康 慶浩(ひらやす よしひろ)

セレクションアンドバリエーション代表取締役
1969年生まれ。大阪市立大学経済学部卒業。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。アクセンチュア株式会社、アーサーアンダーセン、日本総合研究所を経て独立。企業の人事マネジメント、組織体制の改革を手がける。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading