「内定をもらえる子」と「内定をもらえない子」の違いはなんなのか? 子供が将来就活で困らないためにはどのような子育てをすればよいのか。カリスマ経営コンサルタントが解き明かす、ユニークな人材論・子育て論。

定価:935円(税込)
発売日:2014年01月14日
ISBN:978-4-532-26228-0
並製/新書判/192ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「内定をもらえる子」と「内定をもらえない子」の違いはなんなのか? 子供が将来就活で困らないためにはどのような子育てをすればよいのか。カリスマ経営コンサルタントが解き明かす、ユニークな人材論・子育て論。

就活に成功した人、失敗した人へのアンケート結果をもとに導き出した子育て論。幼稚園児から大学生まで、幅広い層の子を持つ親が読者ターゲット。

目次

  1. 第1章 なぜ8歳から就活をしなくてはいけないのか?

    第2章 【家庭環境編】「父親と話す子」の内定獲得率が高い理由

    第3章 【進学・学校生活編】就活に強い中学受験組と、弱い小学お受験組

    第4章 【部活・語学編】「部活」が「就活」に大きな影響を与えるこれだけの理由

    第5章 【日常生活編】マンガを読ませても、ゲームをやらせても、就活に負けない子を育てる方法

    第6章 【大学からの就活編】まだ間に合う大学生からの逆転就活術

著者・監修者プロフィール

竹内 謙礼(たけうち けんれい)

マーケティングコンサルタント。(有)いろは代表取締役
1970年高知県生まれ。大学卒業後、雑誌編集者を経 て、観光施設の企画広報に携わる。楽天市場等で多 くのネットビジネスの優秀賞受賞履歴あり。独立後、 大企業、中小企業のコンサルティングほか、全国の商 工会議所や企業等で研修、セミナーや講演会を行う。 日経MJにて毎週月曜日「竹内謙礼の顧客をキャッチ」 を連載し、取材した企業は450社を超える。著書に『売 り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方 増補 改訂版』『検索刑事』(いずれも日経ビジネス人文庫)、 『巣ごもり消費マーケティング 「家から出ない人」に 買ってもらう100の販促ワザ』『ネットショップ運営攻略 大全』(いずれも技術評論社)、『会計天国』(共著、PH P文庫)、『深夜残業』(角川文庫)ほか50冊以上。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading