「カネの遣い方には教養と人生が見える」「自分が働くだけじゃだめ、『カネに働いてもらう』のが必要だ」―書誌学者と投資のプロが各々の視点から対談、人生を豊かにするためのおカネの使い方について語り下ろす。

定価:935円(税込)
発売日:2013年11月12日
ISBN:978-4-532-26224-2
並製/新書判/208ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「カネの遣い方には教養と人生が見える」「自分が働くだけじゃだめ、『カネに働いてもらう』のが必要だ」―書誌学者と投資のプロが各々の視点から対談、人生を豊かにするためのおカネの使い方について語り下ろす。

好評既刊『節約の王道』(13 刷11 万6000 部)の姉妹版。311 や原発事故、政権交代、デフレ脱却など、前作発行以降の変化が社会にもたらした意味を踏まえながら、大人の品格のあるおカネの遣い方、人生を豊かにするための「投資」の仕方について、書誌学者と運用のプロである二人がそれぞれの視点から語ります。

目次

  1. 第1章 人品は、金遣いに表れる--おカネと品格                            

    第2章 カネは4つの用途に分けるべし--遣い方のセンスを磨く           

    第3章 日本の「金遣い」に異議あり--資本主義の中の幸福                    

    第4章 西鶴はポートフォリオを知っていた--江戸に学ぶ金遣いの教訓    

    第5章 資産は美しく遣いきるべし--「減蓄」ノススメ

著者・監修者プロフィール

林 望(はやし のぞむ)

作家・書誌学者。1949年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了。専攻は書誌学、国文学。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等歴任。『イギリスはおいしい』で日本エッセイスト・クラブ賞、『林望のイギリス観察辞典』で講談社エッセイ賞。『謹訳源氏物語』全十巻のほか、『節約の王道』『帰宅の時代』など著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

岡本 和久(おかもと かずひさ)

投資教育家&ファイナンシャル・ヒーラー(R)
米国CFA協会認定証券アナリスト
米国コロンビア大学留学後、1971年、慶應義塾大学経済学部卒。旧・日興證券入社、ニューヨーク現地法人、情報部などで証券アナリスト・ストラテジスト業務に従事。1992年、同社を退社。バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現ブラックロック・グローバル・インベスターズ)日本法人を設立、2005年まで13年間代表取締役社長として年金運用業務に携わる。2005年、退職し、個人投資家向け投資セミナーを行うI-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社を設立、代表取締役社長に就任。現在、同社でマンスリー・セミナー、子供向けハッピー・マネー(R)教室など各種セミナーを開催するかたわら、長期投資家仲間によるクラブ・インベストライフを主宰。
著書に『インフレに負けない!資産アップトレーニング』『100歳までの長期投資――コア・サテライト戦略のすすめ』(以上、日本経済新聞出版社)、『波乱相場を黄金のシナリオに変える資産運用法』(きんざい)など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading