戦略論の決定版!野中郁次郎氏推薦!ダビデから、マキャベリ、ドラッカーまで。戦略のすべてを解き明かす名著、待望の文庫化。

定価:1,430円(税込)
発売日:2021年08月04日
ISBN:978-4-532-24007-3
並製/A6判/680ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

■大国や大企業の命運をかけた決断から、個人の日常生活におけるさまざまな行動にかかわる意思決定まで。強者か弱者か、職業、社会的地位を問わず、誰もが、あらゆる組織が必要としている戦略。それは、いつから人間の世界に登場し、どのように用いられ、変容してきたのか ?
■聖書の世界から、ペロポネソス戦争、ナポレオン戦争、ベトナム戦争、イラク戦争などの戦争や軍事戦略、そして、革命運動、公民権運動、大統領選挙戦など政治との関わり、さらにアメリカ巨大企業の経営者、経営戦略家によるビジネス革命まで、広大な視野のもとに戦略の変遷を論じる。また、神話、歴史書、文学、哲学、経済学、社会学、心理学、政治学など多様な分野にわたり、人間と戦略の関わりを解き明かし、戦略とは何か、を追究する。
■上巻では、戦略の起源を、聖書、古代ギリシャ、孫子、マキャベリ、ミルトンに探り、ナポレオン、ジョミニ、クラウゼヴィッツ、モルトケ、マハン、リデルハート、マクナマラ、カーン、シェリング、ロレンス、毛沢東などの軍事戦略、トルストイの思想を取り上げ、そして弱者の戦略として政治的な戦略の軌跡を、マルクス、エンゲルス、バクーニン、レーニンなどの革命家、ウェーバーら社会学者の思想に探る。

目次

  1.  第Ⅰ部 戦略の起源
    第1章 戦略の起源1: 進化

    第2章 戦略の起源2: 旧約聖書

    第3章 戦略の起源3: 古代ギリシャ

    第4章 孫子とマキャベリ

    第5章 サタンの戦略

     第Ⅱ部 力の戦略
    第6章 新たな戦略の科学

    第7章 クラウゼヴィッツ

    第8章 欺瞞の科学

    第9章 殲滅戦略か、消耗戦略か

    第10章 頭脳と腕力

    第11章 間接的アプローチ

    第12章 核のゲーム

    第13章 非合理の合理性

    第14章 ゲリラ戦

    第15章 監視と情勢判断

    第16章 軍事における革命

    第17章 戦略の達人という神話

     第Ⅲ部 下からの戦略
    第18章  マルクスと労働者階級のための戦略

    第19章 ゲルツェンとバクーニン

    第20章 修正主義者と前衛

    第21章 官僚、民主主義者、エリート

著者・監修者プロフィール

ローレンス・フリードマン(ろーれんす・ふりーどまん)

英ロンドン大学キングス・カレッジ名誉教授
国際政治研究者。核戦略、冷戦、安全保障問題について幅広く著作・執筆を行う。
マンチェスター大学、ヨーク大学、オックスフォード大学で学ぶ。オックスフォード大学ナッツフィールド・カレッジ、英国際戦略研究所、王立国際関係研究所をへて、1982年、キングス・カレッジ戦争学部教授に就任。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

貫井 佳子(ぬきい よしこ)

翻訳家。
青山学院大学国際政治経済学部卒業。証券系シンクタンク、外資系証券会社に勤務後、フリーランスで翻訳業に従事。訳書にクレイムズ『ビジネスを変えた7人の知恵者』、イップ『ホンネの経済学』、マークス『投資で一番大切な20の教え』、同『市場サイクルを極める』、テミン&バインズ『リーダーなき経済』、ジェンナイオーリ&シュライファー『金融危機の行動経済学』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading