接続、自動運転、シェア&サービス、電動化――自動車産業を変える4つの動きから近未来を徹底予測。最新動向を盛り込んだ決定版。

定価:本体900円+税
発売日:2020年10月05日
ISBN:978-4-532-19984-5
並製/A6判/304ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

Connected=接続
Autonomous=自動運転
Shared & Service=シェア&サービス
Electric=電動化
4つのキーワードが自動車の価値を大きく変えようとしている。この動きは、コロナ時代でも変わらない。
有力アナリストが、浮ついた夢物語を退け、リアルな未来を示す。

長く世界の製造業を牽引してきた自動車産業は、いま大きな岐路に立っている。接続(Connected)、自動運転(Autonomous)、シェア&サービス(Shared & Service)、電動化(Electric)という4つのキーワードをつなげた「CASE」への対応が、各社の将来のカギを握るとされている。主要自動車メーカーは、対応に必死だ。業界の外からは、巨大IT企業が莫大な投資をしながら、市場攻略をうかがっている。

こうした動きが表面化して以降、数多くの論者が、自家用車の自動運転を疑わず、大半のクルマが電動化して一般道を縦横に走る社会がすぐに到来するかのような夢をふりまいてきた。しかし、自動運転は厳しい現実に突き当たり、世界最大のEV大国である中国は補助金なしのEV普及をあきらめ、ハイブリッドの優遇に舵を切った。

単行本で予測した近未来が現実となりつつある現在、中国の環境規制の改正やテスラの復活などCASEに関わる最新動向をフォローして内容を改訂。日本を代表する自動車アナリストが、2030年を見据えたリアルな未来を提示する。

目次

  1. 序 章 自動車産業を襲う「CASE革命」

    第1章 「CASE革命」とは

    第2章 破壊者

    第3章 クルマの価値とモビリティ構造の変化

    第4章 コネクティッド

    第5章 自動運転

    第6章 シェアリング&サービス

    第7章 電動化

    第8章 「CASE革命」を支える「ものづくり革新」

    第9章 2030年のモビリティ産業の覇者

著者・監修者プロフィール

中西 孝樹(なかにし たかき)

株式会社ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト
1994年以来、一貫して自動車産業調査に従事し、米国Institutional Investor(II)誌自動車セクターランキング、日経ヴェリタス人気アナリストランキング自動車・自動車部品部門ともに2004年から2009年まで6年連続第1位と不動の地位を保った。バイサイド移籍を挟んで、2011年にセルサイド復帰後、II、日経ランキングともに自動車部門で2012年第2位、2013年第1位。2013年に独立し、ナカニシ自動車産業リサーチを設立。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading