ほめる、謝る、雑談、敬語…職場や日常で良好な人間関係を築く話し方、コミュニケーション術を人気著者が伝授。日本語の蘊蓄も満載。

定価:本体800円+税
発売日:2020年08月05日
ISBN:978-4-532-19978-4
並製/A6判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

しゃべりのプロが教える、
実践コミュニケーション術!

「この書類、確認してもらってもいいですか」
「お水のおかわりは大丈夫ですか」
「さすが部長はプレゼンが上手ですね」
「あわや世界新」
「フランス語できるんですね、すごい」……
“残念言葉"で気づかぬうちに相手をイラッとさせていませんか?
人気アナウンサーで日本語検定審議委員の“おしゃべりの達人"が教える、
人間関係を良好に保つ話し方・伝え方。

目次

  1. はじめに 渡る世間をより快適に過ごすための処方箋

    第1章 あえて「尋ねない」心遣い。質問攻めは“コミュ力"とは違う~対人関係のツボ

    第2章 好かれる人は相手のズレを笑顔で認める~話し方のひと工夫

    第3章 上司はなぜイラッとした? 言葉遣いのキモはふさわしさ~円滑職場のヒント

    第4章 謝罪したのに炎上。「本気度」を疑われるNGワードとは~気配りは使い分けから

    第5章「言葉知らず」は言い間違えよりダメージが大きい~“コミュ力"を上げるテク

著者・監修者プロフィール

梶原 しげる(かじわら しげる)

1950年神奈川県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、文化放送にアナウンサーとして入社。
1992年からフリー。テレビ、ラジオの司会を中心に活躍する。その一方、49歳で東京成徳大学大学院心理学研究科に入学、51歳で心理学修士号を取得。シニア産業カウンセラー、認定カウンセラー、健康心理士の資格を持ち、カウンセラーとしても活動している。
東京成徳大学客員教授、日本語検定審議委員も務める。主な著書に『口のきき方』『すべらない敬語』 (以上、新潮新書)、『心を動かす「伝え方」また会いたくなる「話し方」』(講談社+α文庫)、『敬語力の基本』(日本実業出版社)、『おとなの雑談力』(PHP文庫)など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading