日系・外資系企業、フリーランス、独立起業と、 幅広いワークスタイルを体験した著者が語る、 本音のキャリア論。 就活生から若手ビジネスパーソン、 転職、起業を考える中堅まで。 不確実時代の働き方、決定版。

定価:本体800円+税
発売日:2020年06月03日
ISBN:978-4-532-19975-3
並製/A6判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

就職してから30歳ぐらいまでは、自分を磨く「仕込み」の期間。
ここさえきちんと押さえておけば、一生仕事に困らない。

□会社との相性は適切か
□「2つのリスト」が身を守る
□資格よりも「意外・複雑・多様」
□ビジネスの下流で仕事をしろ
□年収をあげる転職。3つの考え方
□判断力より洞察力を磨く
□良き師匠は「外部ネットワーク」で見極める
□ポジションより「武勲」を狙う
□上司に賭けてもらう大穴枠になる
□業界ホームランを打つ
□20代に友達はいらない

……生涯にわたって運用できる、
「自分という資産」の磨き方のヒント満載。


【著者からのメッセージ】
この本は、20代のための仕事の本ではありません。
この本は、20代から始める「自分という資産のつくり方」です。
なぜならそれこそが、一生食べていける方法だから。
なぜならそれこそが、
不確実時代のキャリアのつくり方に他ならないからです。
20代から地味な仕込みをし、年齢ごとにやるべきことを着実にやった人は、
それぞれの形の自分らしい成功に向かって歩いていく。
その意味で、「20代で人生の年収は9割決まる」のです。

目次

  1. はじめに 不確実時代のシビアでリアルな方法論

    序 章 「自分という資産」のつくり方

    第1章 20代で始める「仕込みの8年」のルートマップ

    第2章 20代。「仕込み」に最適な会社の選び方

    第3章 20代前半~:仕込みをしながら会社に尽くす

    第4章 20代後半~30代:自分のナンバーワンをつくる

    第5章:30代~:会社を超えて「自分」を売り出す

    おわりに 「仕込み」を一生活かせる働き方

    ※『20代で人生の年収は9割決まる』(2010年/大和書房)を文庫化にあたって大幅に加筆修正、再構成したものです。

著者・監修者プロフィール

土井 英司(どい えいじ)

エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役 1974年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。
ゲーム会社、編集者・取材記者・ライターを経て、 Amazon.co.jp立ち上げに参画。27歳で同社の社長賞にあたる 「Company Award」を受賞。数々のベストセラーを仕掛け、 「アマゾンのカリスマバイヤー」と呼ばれる。2004年、30歳で独立。国内160万部、世界1100万部を突破した 『人生がときめく片づけの魔法』の近藤麻理恵氏をはじめ、 多くの著者の出版プロデュースに携わる。 2004年7月に発行開始した日刊のメルマガ 「ビジネスブックマラソン」は読者数5万4000人超。 著書に『「伝説の社員」になれ! 』(草思社文庫)など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading