なぜ、変われなかったのか? この産業を衰退に追いやった“犯人"は誰か?  大反響を呼んだルポルタージュ、ついに文庫化。

定価:880円(税込)
発売日:2020年04月03日
ISBN:978-4-532-19973-9
並製/A6判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

本書は17年5月に日経BPから刊行されたベストセラーを加筆、文庫化したものです。

アパレル業界は未曾有の不振にあえいでいます。オンワードホールディングス、ワールド、TSIホールディングス、三陽商会という大手各社の売上高は激減。店舗の閉鎖やブランドの撤退も相次いでいます。アパレル業界と歩みをともにしてきた百貨店業界も、地方や郊外を中心に店舗閉鎖が続き、事態は深刻さを増しています。

なぜ突如、業界は不振に見舞われたのか。本書は日経ビジネス記者が、アパレル産業を構成するサプライチェーンをくまなく取材、真相に迫ります。

編集者より

同じような服ばかりで買いたい服がない。過剰供給→大量売れ残り→不良在庫の悪循環。問題点は明白なのに変わることができない--。アパレル業界には、他の衰退産業とも共通する病巣がある。サプライチェーンをくまなく取材した渾身のルポです。

目次

  1. 第1章 崩れ去る〝内輪の論理〟

    第2章 捨て去れぬ栄光、迫る崩壊

    第3章 消費者はもう騙されない

    第4章 僕らは未来を諦めてはいない

著者・監修者プロフィール

杉原 淳一(すぎはら じゅんいち)

日本経済新聞記者

1981年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。2005年日本経済新聞社に入社し、
大阪経済部でアパレル・スポーツ用品業界などを取材。
2009年に東京に異動し、経済部で金融機関や日本郵政などを担当。
2015年、日経BPに出向し、『日経ビジネス』記者。
2016年秋からアパレル業界を中心に取材。
2018年より日本経済新聞経済部で国土交通省、経済産業省を担当。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

染原 睦美(そめはら むつみ)

日経BP人事室
1981年生まれ。中央大学文学部卒業。2004年に日経BP社に入社し、『日経パソコン』に配属。
2009年『日経ウーマンオンライン』の立ち上げに携わった後、2013年4月から『日経ビジネス』記者。
ネットサービス、アパ レル、日用品・化粧品業界を中心に担当。
2017年から『日経クロステック』記者として、主にネットサービス、小売り・外食業界を取材。
2019年より日経BP人事室にて採用担当。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading