敵将を泥酔させ討ち取った寡婦ユディト。 亡国の危機を救った元踊り子の皇后テオドラ。 フランス王と離婚してイングランド王と再婚した「欧州の母」アリエノール。 歴史を動かしていたのは、彼女たちだった。

定価:935円(税込)
発売日:2020年04月03日
ISBN:978-4-532-19893-0
並製/A6判/288ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

書き下ろし世界史シリーズ新刊。
フランス救国の英雄ジャンヌ・ダルク、スペイン王国を成立させたイサベル女王など教科書に登場する著名人だけでなく、フランス王と離婚しイングランド王と再婚したことで英仏百年戦争の遠因をつくったアリエノール・ダキテーヌ、『ニーベルンゲンの歌』のモデルでありフランク王国再統一の基盤をつくったブルンヒルド、「カノッサ事件」を通して神聖ローマ皇帝に復讐を果たしつつ教会改革を支えたトスカナ女伯マティルダといった、戦って重要な功績を残した人物を取り上げる。

目次

  1. ヘレネ トロイ戦争の原因となった王女

    ユディト 奇策で町を守った『旧約聖書』の英雄

    クレオパトラ ローマへの抵抗と古代エジプトの終焉

    ガッラ・プラキディア ローマ帝国滅亡を見据えた皇女

    テオドラとイレーネ ヨーロッパを守った皇后、ヨーロッパを築いた女帝

    ブルンヒルド 暗殺合戦の果てに築いた中央集権

    則天武后と楊貴妃 唐帝国を揺るがしたふたりの寵姫

    マティルダ・オブ・フランダース ノルマン朝イングランド建設の立役者

    トスカナ女伯マティルダ 因縁と復讐とカノッサの屈辱

    アリエノール・ド・アキテーヌ ふたりの王と結婚したヨーロッパの祖母

    ジャンヌ・ダルク 救国の英雄は19歳

    カトリック両王イサベル 日の没することなき帝国へ導いた

    クリスチナ女王 領土を求めず王位にこだわらず

    アン・ボニーとメアリ・リード 海賊という新時代の生き方

    マリア・テレジア 戦乱と栄光をもたらした国母

    ポンパドール夫人 ペチコート同盟を実現した公妃

    エカチェリーナ2世 帝国を拡大させた情愛と啓蒙思想

    ストウ夫人 南北戦争を引き起こした一冊の著作

    ヴィクトリア女王 パックス・ブリタニカとともに生きた

    ウジェニー 敵も認めた外国生まれのフランス皇后

    西太后 皇帝専制制度をめぐる戦いの果て

    キュリー夫人 2度のノーベル賞と原子力時代の先駆け

著者・監修者プロフィール

関 眞興(せき しんこう)

歴史研究家
1944年三重県生まれ。東京大学文学部卒業後、駿台予備校の世界史講師となる。
2001年に退職し、現在「漫画版 世界の歴史」シリーズ、「中国の歴史」シリーズ(以上、集英社文庫)の構成を手がけるなど、歴史関係の本の著作・監修を多く行っている。主な著書・監修書に『読むだけ世界史』(学研)、『図解でスッキリ! 世界史「再」入門』『30の戦いからよむ世界史』(以上、日本経済新聞出版社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading