現実の改革は成功話のようには進まない。30万部の話題作『なぜ会社は変われないのか』の当事者が語る企業変革ドキュメンタリー。︎

どうやって社員が会社を変えたのか
企業変革ドキュメンタリー

定価:本体850円+税
発売日:2017年06月05日
ISBN:978-4-532-19825-1
並製/A6判/336ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

リアルな変革は一筋縄では進まない!
いまこそ明かされる改革のストーリー

◆ストーリーテリングによる企業風土改革
ストーリー(物語力)で個人や組織の問題を解決し、新しいビジョンをつくって変革していく「ストーリーテリング」。本書は、金井教授がストーリーテリングの視点から、閉塞状況にある日本企業を変革するために何が必要かを、柴田氏と長時間議論した成果をもとに編集、その処方箋を説き明かします。
改革のためのストーリーをトップとコアメンバーがどのようにつくり、「ありたい姿」を全社に浸透させ、「変革と戦略」を実行させていくのか、ストーリーテリングの手法と風土改革論からアプローチするユニークな実践的経営書です。

◆すべて実名の臨場感
金井教授が組織変革手法の歴史的転換点として最も重視する、90年代の「名門いすゞの衰退から起死回生への変革ストーリー」を中軸にしながら、変革当事者のトップとコアメンバーが「語り部」として登場。柴田氏がいまに通じる「日本型ビジョナリーカンパニーの法則」を各章のテーマに沿って解説していきます。
金井教授は各章でどう応用できるかの解釈・コメントを加え、さらに他の「組織開発・ストーリーテリング」手法の有効な活用法を説きます。

目次

  1. 序 章 日本企業がわずらっている現代病--チームの免疫不全症候群

    第一章 なぜ会社は変われないのか

    第二章 大企業病を克服せよ

    第三章 社員が自ら考えて会社を変えていく

    第四章 驚異的成果を生むマネジメントの真髄

    終 章 人を幸せにする会社とは―「いい会社」の条件

著者・監修者プロフィール

柴田 昌治(しばた まさはる)

株式会社スコラ・コンサルト代表
東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。大学院在学中にドイツ語語学院を始めた学生起業家のひとり。30代の頃にはNHKテレビ語学番組の講師を務めるなど幅広い経験を持つ。ビジネス教育の会社を設立後、企業風土・体質の改革に独自の手法を考案し実践している。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

金井 壽宏(かない としひろ)

神戸大学大学院経営学研究科教授。経営人材研究所代表
1954年神戸市生まれ。京都大学教育学部卒。同大学院経営学研究科修了。MITのPhDと神戸大学からの博士号(経営学)を取得の後、39歳で神戸大学経営学部教授。2010~12年3月、神戸大学大学院経営学研究科長・経営学部長。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading