経営学を、経営者やエリート向けの学問と誤解していませんか? 職場の矛盾、問題を解決する使える経営学の知恵をやさしく解説。

みんなの経営学
使える実戦教養講座

定価:本体900円+税
発売日:2016年07月05日
ISBN:978-4-532-19800-8
並製/A6判/352ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

経営学は、職場のリーダー、管理職がマスターすべき学問ですが、職場の矛盾、問題を解決し、より快適に仕事をする知恵が身につく、あらゆるビジネスシーンで使える実戦教養なのです。

「人はやっかいな状況に置かれると、分かりやすい犯人捜しをしがち」「自分はそうではなくても、他人はカネで動くと思ってしまう」など、ドラッカー、サイモンなど経営学の巨人たちが頭脳中に隠されている本当に使える知恵をやさしく解説します。文庫化に当たってブックガイドを加えます。

目次

  1. Ⅰ 経営学はなぜ必要か
       ――儲けるためではなくよく生きるための学問

    Ⅱ 企業とは何か
       ――企業論をもとに経済活動の主人公を知ろう

    Ⅲ 職場にやる気を起こすには
       ――楽しく働くためのモチベーション理論

    Ⅳ 優れたリーダーの条件とは
       ――集団を束ね導くための論理

    Ⅴ 1+1を2以上にする組織とは
       ――挑戦と安定を両立する

    Ⅵ 良い戦略的経営を実現するには
       ――本当に勝つための経営戦略論

    Ⅶ これからの経営学
       ――未来の経営を捉える視座

著者・監修者プロフィール

佐々木 圭吾(ささき けいご)

東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。
1986年九州大学経済学部卒業後、4年間の電機メー力ー勤務を経て、96年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得修了。同年横浜市立大学商学部専任講師、翌年助教授。2006年東京理科大学大学院イノベーション研究科准教授、12年より現職。『経営理念とイノベーション』『イキイキ働くための経営学』(共著)などの著書がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading