「勘定科目は投げ縄」「減価償却はロールケーキで考える」等、実務で使える会計センスが身につく! 経営者、営業マン、新入社員にも!

小さな会社のための 世界一わかりやすい会計の本

定価:880円(税込)
発売日:2016年05月09日
ISBN:978-4-532-19795-7
並製/A6判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

実務で使える会計センスが2時間で身につく!

経営者・営業マンの会計と、経理担当者の会計は違う!
大企業の会計と、小さな会社の会計は違う!
だから、ほんとうに必要なコトだけを説明しました。

●中小企業の現場を熟知した税理士が、徹底して中小企業の経営者に対する目線で書いた会計の本です。

●会計の入門書は数ありますが、中小企業の経営者には不要な部分が多く、逆に関心のある部分がほとんど扱われていないことも多くあります。
不要な初歩を学んだためにかえって混乱したり、会計に苦手意識を持つ経営者も少なくありません。なので、本書は……

★中古のベンツと2ドアフェラーリの新車。経費になるのはどっち?
★減価償却はみんな大好きロールケーキで考えればカンタンだ!
★知ってましたか? 勘定科目はカーボーイの投げ縄なんです
★営業マン必見! 社長サンの右脳が喜ぶ悪魔のささやきとは?
★「借方・貸方」は税理士でも使わない。だ・か・ら、覚えなくても問題なし!

●……と、実務に関係のないものは徹底して捨て去り、最低限、必要な知識だけを抜き出した究極の実践会計です。
税務署の見解を交えた現実的なアドバイスも交えて、会計のからくりをわかりやすく解説します。

●会計が苦手な中小企業経営者、中小企業を対象として仕事をする営業マンはもちろん、フレッシャーズなど若手ビジネスマンにも役に立つ一冊です。

目次

  1. 第1章 会計には、「いらないもの」と「大事なもの」がある

    第2章 そのお金は何のために使われたのか?「勘定科目」

    第3章 コレって落とせる? 落とせない?「費用」の正体

    第4章 会計を知っている営業パーソンは、こんなにイケてる

    第5章 企業は「お金がすべて」。資金繰りと会計の関係

    第6章 会計センスが身につく、たった三つの魔法の言葉

    第7章 決算書の正体と、決算書ができるまで

    第8章 経営者のための、「意味のある」決算書の読み方

    第9章 決算書から見える危ない会社「百鬼夜行の恐怖」

    第10章 貸借対照表にハッキリ映る「社長の性格」

著者・監修者プロフィール

ウエスタン 安藤(うえすたん あんどう)

事業継続コンサルタント。税理士。1964年生まれ。関西大学法学部法律学科卒業。バブル経済の盛衰を経験し、「なぜあの企業は生き残れたのか」を徹底研究した結果、学問では学べない会計学の存在に気づく。その集大成【会計実学】を用いた事業継続コンサルティングでは倒産企業数ゼロ。毎年1500万円の赤字を計上してきた企業をたった1年で優良企業化する。会計を武器として戦う企業を増やすことで、日本から倒産をなくすことが夢。立命館大学では5年間のべ3025名の学生を指導し、当時、大学でもっとも広い教室を3時限占拠したほどの人気を誇った。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading