こんな会社にお金を預けたい! マスコミを避け、宣伝を嫌い、ひたすら長期運用に賭けるプロ集団、キャピタル・グループ。卓越した投資戦略、ユニークな組織運営など、他社とは一線を画した経営の秘密に迫る。

定価:1,320円(税込)
発売日:2015年08月05日
ISBN:978-4-532-19773-5
並製/A6判/352ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

こんな会社にお金を預けたい! マスコミを避け、宣伝を嫌い、ひたすら長期運用に賭けるプロ集団、キャピタル・グループ。卓越した投資戦略、ユニークな組織運営など、他社とは一線を画した経営の秘密に迫る。

著者は『敗者のゲーム』のチャールズ・エリス、序文は『ウォール街のランダム・ウォーカー』のバートン・マルキール。

目次

  1. 第1部 草創期の試練
    第1章 創立者ジョナサン・ラブラスの思想

    第2章 小さな運用会社の仲間たち

    第3章 スター・プレーヤーはいらない!

    第4章 チームリーダーの発掘

    第5章 投信を誰に、どう売るのか?

     第2部 戦線を広げる
    第6章 司令塔としての持株会社

    第7章 真の投資家向けサービスとは?

    第8章 果敢な買収戦略

    第9章 年金運用への挑戦

    第10章 国際分散投資の苦難と栄光

    第11章 エマージング投資でナンバーワン!

     第3部 最高峰を目指す
    第12章 チームプレーのできるプロフェッショナル

    第13章 組織図のない組織運営

    第14章 ハイレベルの報酬・処遇体系

    第15章 卓越した運用能力

著者・監修者プロフィール

チャールズ・エリス(ちゃーるず・えりす)

1937年生まれ。イェール大学卒業後、ハーバード・ビジネス・スクールで最優秀のMBA、ニューヨーク大学でPh.D.取得。ロックフェラー基金、ドナルドソン・ラフキン・ジェンレットを経て、1972年グリニッジ・アソシエイツを設立。以後、30年にわたり代表パートナーとして、投資顧問会社や投資銀行などの経営・マーケティング戦略に関する調査、コンサルティングに腕を振るう。2001年6月代表パートナーを退任。現在、ホワイトヘッド財団理事長。この間、イェール大学財団基金投資委員会委員長、米国公認証券アナリスト協会会長、バンガード取締役などを歴任。著書に『キャピタル』『チャールズ・エリスが選ぶ「投資の名言」』『イノベーターは死なず』『ゴールドマン・サックス(上・下)』、共著に『投資の大原則』がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

鹿毛 雄二(かげ ゆうじ)

ユージン・パシフィック代表。1964年、東京大学経済学部卒業。同年、日本長期信用銀行入行。長銀インターナショナル(ロンドン)副社長、長銀ニューヨーク信託社長、日本長期信用銀行証券運用企画部長などを経て、1993年長銀投資顧問社長。2000年UBSアセットマネジメント会長兼社長。2003年しんきんアセットマネジメント投信社長。2005年4月より2009年3月まで企業年金連合会常務理事。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading