トヨタもセブン・イレブンもスターバックスも、優れた企業を「真似て、超える」ことで成功した。イノベーションは徹底した模倣から生まれる。お手本とする他社の本質を見抜き、“儲かる仕組み”を抽出する創造的な摸倣の方法を、多くの偉大な会社の事例から解説する。

模倣の経営学
偉大なる会社はマネから生まれる

定価:913円(税込)
発売日:2015年06月03日
ISBN:978-4-532-19767-4
並製/A6判/336ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

トヨタもセブン・イレブンもスターバックスも、優れた企業を「真似て、超える」ことで成功した。イノベーションは徹底した模倣から生まれる。お手本とする他社の本質を見抜き、“儲かる仕組み”を抽出する創造的な摸倣の方法を、多くの偉大な会社の事例から解説する。

楠木建・一橋大教授、入山章栄・早大ビジネススクール准教授が推薦し、ヒットした同名の単行本を文庫化。

目次

  1. まえがき 模倣のパラドクス

    第1章 「天才のなぞかけ」――メタファーとイノベーション
           
    第2章 「インドの露天商」――模倣すべき本質をモデリングする
       
    第3章 「クロネコの革命」――本質を探る4つの要素と5つのステップ
       
    第4章 「2つのカフェ」――模倣の創造性

    第5章 「4人の教師」――誰をどのように模倣するのか

    第6章 「守破離」――手本と現実のギャップを越える

    第7章 「わな」――模倣できそうで模倣できない会社

    第8章 「反転」――逆発想のモデリング

    第9章 「作法」――倣い方を倣う

    あとがき 経営書を「消費財」で終わらせないために

著者・監修者プロフィール

井上 達彦(いのうえ たつひこ)

早稲田大学商学学術院教授
1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士号(経営学)を取得。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教授、早稲田大学商学部助教授などを経て、2008年から早稲田大学商学学術院教授。2003年経営情報学会論文賞受賞。2012年4月から2014年3月まで米ペンシルベニア大学ウォートン経営大学院のシニアフェロー兼務。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading