転職を考えるとき有効な戦略とは? 夢や目標を立てるとき、絶対に知っておくべき方法論とは―東大の名物教授・柳川先生が、日常のさまざまな悩みに役立つかたちで、経済学のエッセンスをやさしく解説。

東大柳川ゼミで経済と人生を学ぶ

定価:825円(税込)
発売日:2015年03月04日
ISBN:978-4-532-19757-5
並製/A6判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

転職を考えるとき有効な戦略とは? 夢や目標を立てるとき、絶対に知っておくべき方法論とは―東大の名物教授・柳川先生が、日常のさまざまな悩みに役立つかたちで、経済学のエッセンスをやさしく解説。

「なじみの店」をつくるのは経済学的にいい? 悪い? 飲み会幹事のコツとは? といった身近な例を豊富に掲載。人生を豊かにする経済学の考え方を学べます。

目次

  1. 1 試験勉強と買い物の賢い選択術――サンクコスト

    2 「なじみの店」をつくるのは、よい? 悪い?――機会費用

    3 恋愛、あるいは研究における一番大切な心得――オプション価値

    4 行列のできるラーメンは、なぜ貴重なのか――希少性

    5 幹事の優秀さは二次会で決まる――コンティンジェンシー・プラン

    6 レストランと客の駆け引きから考える経済――情報の非対称性

    7 未来に向けて植林をする老人の話――ダイナスティ・モデル

    8 夢を描くとき、知っておくべき方法論――ポートフォリオ選択理論

著者・監修者プロフィール

柳川 範之(やながわ のりゆき)

東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授。
中学卒業後、父親の海外転勤にともないブラジルへ。ブラジルでは高校に行かずに独学生活を送る。大検を受け慶應義塾大学経済学部通信教育課程へ入学。大学時代はシンガポールで通信教育を受けながら独学生活を続ける。大学を卒業後、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。
主な著書に、『法と企業行動の経済分析』(第50回日経・経済図書文化賞受賞、日本経済新聞社)、『40歳からの会社に頼らない働き方』(ちくま新書)、『東大教授が教える独学勉強法』(草思社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading