霞ヶ関を上り詰めた「働く女性の希望の星」が突如、公文書偽造指示の容疑で逮捕。164日間の勾留のあと、無罪を獲得。極限状態の中、彼女が決して屈しなかったのはなぜか? 「あきらめない心」の秘密を明かす。

あきらめない
働く女性に贈る愛と勇気のメッセージ

定価:803円(税込)
発売日:2014年12月03日
ISBN:978-4-532-19749-0
並製/A6判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

霞ヶ関を上り詰めた「働く女性の希望の星」が突如、公文書偽造指示の容疑で逮捕。164日間の勾留のあと、無罪を獲得。極限状態の中、彼女が決して屈しなかったのはなぜか? 「あきらめない心」の秘密を明かす。

単行本刊行後、著者は厚生労働事務次官に就任。また、えん罪の被害者として法制審で「取り調べの可視化」を訴えている。文庫「まえがき」で近況を加筆。

目次

  1. 文庫版まえがき
    はじめに
    私の履歴書
    第一章 「あきらめない心」の原点

    第二章 仕事の軸が見えてきた

    第三章 逮捕、勾留を支えたものは

    第四章 釈放・復職、そして今後のこと

著者・監修者プロフィール

村木 厚子(むらき あつこ)

厚生労働事務次官。
1955年高知県生まれ。高知大学卒業後、78年に労働省(現・厚生労働省)入省。障害者支援、女性政策などに携わり、雇用均等・児童家庭局長などを歴任する。2009年の郵便不正事件では虚偽公文書作成容疑等で逮捕・起訴されるも、10年9月の裁判で無罪確定、1年3カ月ぶりに職場復帰。13年7月、厚生労働事務次官に就任。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading