経済発展は本当に必要なのか? お金があれば幸せになれるか?―“経済学の父”アダム・スミスは現代を生きる僕たちに何を教えてくれるのか。『カイジ』シリーズで人気の著者がその教えをひもとく。

アダム・スミス ぼくらはいかに働き、いかに生きるべきか

定価:880円(税込)
発売日:2014年09月03日
ISBN:978-4-532-19741-4
並製/A6判/304ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

経済発展は本当に必要なのか? お金があれば幸せになれるか?―“経済学の父”アダム・スミスは現代を生きる僕たちに何を教えてくれるのか。『カイジ』シリーズで人気の著者がその教えをひもとく。

『国富論』と『道徳感情論』をひもときながら、「“賢者”と“軽薄な人”の違い」「賢者としてビジネスをするとは?」など、働く20代30代へのヒントとして意訳。

目次

  1. 序 章 通説 アダム・スミス

    第1章 「よい悪い」はどうやって決めるべきか?

    第2章 心の平静を得られる人、世間に振り回される人

    第3章 何が経済を発展させるのか?

    第4章 経済発展はなぜ必要なのか?

    第5章 政府の役割とは? 

    第6章 スミスの「幸福論」

著者・監修者プロフィール

木暮 太一(こぐれ たいち)

経済入門書作家、経済ジャーナリスト
1977年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、ビジネス書作家として独立。実務経験者ならではのわかりやすい解説が人気をよび、企業や大学での講演も多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading