なぜ日本企業の収益率は低いのか? どんな事業でも生産性を10倍にし、利益率20%を達成する経営手法とは? M&Aを成功させるには? 成果主義はなぜ失敗するのか? 日本の強みを活かす実践経営学を説く。

稲盛和夫の経営塾
Q&A 高収益企業のつくり方

定価:713円(税込)
発売日:2007年11月05日
ISBN:978-4-532-19425-3
並製/A6判/240ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
POP
/1 MB

おすすめのポイント

なぜ日本企業の収益率は低いのか? どんな事業でも生産性を10倍にし、利益率20%を達成する経営手法とは? M&Aを成功させるには? 成果主義はなぜ失敗するのか? 日本の強みを活かす実践経営学を説く。

目次

  1. 序章 会社の存在意義を問う

    第1章 高収益の基盤を築く
     高収益体質をつくる

    第2章 挑戦し続ける企業を目指す
     多角化の進め方

    第3章 パートナーシップで経営する
     労使の立場を超えた企業風土をつくる

    第4章 自ら燃える集団をつくる
     経営者意識を持った人材を育てる

    終章 高収益経営を目指す

著者・監修者プロフィール

稲盛 和夫(いなもり かずお)

1932年、鹿児島県生まれ。59年、京都セラミツク株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長を務める。84年に第二電電(現KDDI)を設立。会長を経て、2001 年より最高顧問。2010年、日本航空会長に就任。名誉会長を経て、15年より名誉顧問。若手経営者のための経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成にも心血を注ぐ。著書は『稲盛和夫の実学』『アメーバ経営』ほか多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading